月別アーカイブ: 2017年11月

ガバナー 台場へ行く!!

11月21日から23日まで、ガバナーは

・ロータリー財団地域セミナー

・ガバナー会議

・ロータリー研究会

のため、グランドニッコー東京 台場へお出かけでした。

2820地区のパストの皆様もご参加されました。

 

RI会長とのツーショット!!

 

 

無事、研究会が終わり、事務局もホッとしております。

 

皆様、お疲れ様でございました。

 

事務局 E.C

公式訪問 北茨城RC

10月24日は北茨城RCへ公式訪問に伺いました。

 

日本が誇る芸術家、岡倉天心が思索にふけったという六角堂。2011年の東日本大震災で流失しましたが、以前の姿よりさらに天心が造った六角堂を忠実に再現して再建されたとのことです。

まさに復興のシンボルです!!

 

北茨城RCの皆様、ありがとうございました。

 

事務局 E.C

 

公式訪問 しもだて紫水RC

11月14日はしもだて紫水RCへの公式訪問でした。

しもだて紫水RCの「Welcome サーモン at 筑西」活動を見学しました。

勤行川では、遡上する魚影や産卵の様子を、川岸から間近に見ることができるそうです。

遡上の時期は、おおむね11月上旬~12月上旬頃で、ピークは11月中旬だということです。

川の流れに逆らって一生懸命に泳ぐ鮭の姿はたくましいですね。

 

 

しもだて紫水RCの皆様、ありがとうございました。

 

事務局 E.C

 

 

公式訪問 土浦南RC

9月26日は土浦南RCへの公式訪問でした。

翌日朝、事務所に入ると大きな箱が!!

中を覗いてみると…

 

霞ケ浦帆曳船の模型

 

あまりの精巧な造りに目をみはります。

 

 

会員の方の手造りとのこと。

大切に飾らせていただきます!!ありがとうございました!

 

事務局E.C

「ロータリー財団月間」によせて

 ロータリー財団は、創立以来100年余り教育の支援や持続可能な成果を生み出すプロジェクトに総額30億ドルを提供してきました。

 国際ロータリー元会長アーチ C・クランフ氏が「世界で良いことをするため」に基金を創設した事により始まりました。

 世界35000あるクラブは、発展途上国にきれいな水をもたらし、平和活動に携わる人材を育成するなど、世界中で持続可能な影響をもたらしています。ポリオ撲滅活動においても、予防活動を通じて発症数を世界で99.9パーセント減少させてきました。これは個々の僅かな寄付でも、結局は一人の尊い命を救うことができるということです。

 ロータリーがポリオ撲滅に投入する資金に対して、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が2倍の額を上乗せしてくださるため、寄付が3倍になってポリオ撲滅活動に生かされます。ロータリー財団100周年を祝った昨年度は、ロータリアンと支援者の方々からの寄付は3億430万ドルになり、募金目標の3億ドルを上回る結果となりました。

 昨年度、第2820地区はロータリー財団に多大な貢献を下記の様にしてまいりました。

 1.寄付0クラブ達成
 2.年次寄付 119パーセント達成
   ポリオプラス 132パーセント達成
 3.ベネファクター 40クラブの達成
 4.ポールハリス・ソサエティー 49名
 5.ポリオプラスDDF寄贈 10000ドル
 6.ロータリー平和センターDDF寄贈 10000ドル
 7.財団奨学生 3名
 8.グローバル補助金プロジェクト 9件

 この様に地区の寄付の活用は、多岐に渡り34地区の中でも突出して有効に使われております。ぜひ、この素晴らしい活動を継続して、地域社会そして世界の奉仕事業に影響を与えていって頂きたいと願っております。