カテゴリー別アーカイブ: 未分類

「母子の健康月間」によせて

 ロータリアンにとって常に意識している重点分野は6つです。「平和と紛争予防/紛争解決」「疫病予防と治療」「水と衛生」「母子の健康」「基本的教育と識字率向上」「経済と地域社会の発展」です。これらの分野はお互いに絡み合っていて、この項目がすべて満たされていれば地域社会は活性化され平和が訪れます。

 今月は「母子の健康月間」です。今こうしている間にも世界のどこかで、100秒間に一人の割合で妊娠や出産によって女性が命をおとしております。母親の死亡は色々な医学的要因もありますが、その80パーセント以上が予防可能なものであります。又、母親と子供の健康は密接に関係していて、母親の死亡率を下げることは子供の健康を改善する上で非常に重要であり、かつ最優先で取り組まなければならない課題です。

 子供の健康においては、地球規模で幾分かの進展がみられており、1990年以降5才未満の幼児の死亡数は減少しつつあります。それでも毎年推定880万人の幼児が死亡しており、毎時1000人以上の幼児が亡くなっております。

 又、母子が関連するリスクは、発展途上国に限定されるものではありません。どのような地域であっても、手をさしのべるべき人々が存在するかぎり、利用しやすく、特別な技術を要せず費用対効果が高い方法で対応しなければなりません。具体的には保健関連の施設やスタッフの強化が必要です。

 地域社会における施設への援助については、基本的に母子の健康と栄養に重点をおいたものにすべきです。一方、合併症などでの緊急出産時ケアに関しては、最も効果的な方法に関する研究も必要です。

 この様に、ロータリーのやるべき事は沢山あります。6つの重点分野のひとつである「母子の健康」に、皆様の深いご理解と共に強い関心を持っていただき、グローバル補助金を使った事業でより多くのプロジェクトを組んでいただければ幸いです。

「水と衛生月間」によせて

 「水と衛生」の問題はたいへん大きな問題です。それは、アジア、アフリカをはじめとする途上国地域はもちろんのこと、先進国においても、世界の人々の命、生活、そして経済を考える上で、最重要事項が「水」の問題だからです。「水」は人々の命を、直接的にも間接的にも支えている最も重要な「資源」です。さらに、地球環境問題の筆頭に挙げられるのが「気候変動」です。地球規模で渇水や洪水がおきやすくなり、途上国ばかりでなく、日本においてもここ数年、水の被害が深刻になっております。

 そして温暖化を含め、気候変動で一番影響を受けるのが水資源での「飲み水の問題」です。実際に、世界では毎年180万人の子どもたちが不衛生な水などを原因とする病で命を落としています。又、安全な飲料水にアクセスできない人が、世界には9億人弱もおります。それは、生活に必要な水を得るのに毎日往復30分、家族全員分を運ぶのに、たとえば4往復必要なら、2時間以上の水汲み労働が必要な計算になります。そんな状況下の人たちが9億人弱いるということです。

 水は生命の維持にはかかせません。そのため水汲みが最優先になるわけです。だからこそ安全な水へのアクセスがない状態を解消されれば、今まで水汲みのために時間を奪われていた子どもたちも学校へ行く時間が作れるようになり、女性もさまざまな職業に就く機会を得られるようになります。飲料水がたやすく手に入る社会が実現すれば、人々の命が救われるだけでなく、子どもの教育水準の向上や女性の社会進出も促進され、経済発展にも繋がります。

 また、水の安定供給に対する投資は、就学率、就労率の向上のほか、農業の改善にも当然役に立ちます。その就労は非常に大きく、アジア開発銀行の推計では、投資額の8倍ものリターンがあるといわれております。

 第2820地区では、グローバル補助金をつかった「水と衛生」関連のプロジェクトを多数行っております。最近の例をあげれば、井戸掘、浄水器の設置などです。ぜひ多くのクラブに世界の水問題のご理解をいただき、このプロジェクトへの参加をお願いいたします。

「平和と紛争予防/紛争解決月間」によせて

 2014年10月RI理事会は、重点分野「平和と紛争予防/紛争解決月間」である2月を紛争予防と仲裁に関する、若者(将来にリーダーとなることが望まれる人)を対象とした研修の実施、紛争地域における平和構築の支援、平和と紛争予防/紛争解決に関連した仕事に従事することを目指す専門職業人のための奨学金支援を強調する月間としました。

 具体的にはロータリー平和センターを通じ世界平和と紛争予防の担い手となる人材を育て、平和推進者の世界的ネットワークを築いております。毎年、世界中から選ばれる最高100人のフェローが、ロータリー平和提携大学で学んでおります。学術研究、実施研修、世界的なネットワークを構築する機会を提供することによって、未来の平和構築者を育てるのが、このプログラムであります。現在、ロータリー平和センターを卒業した平和フェローたちは、地域社会や世界各地で平和や紛争解決の推進者として活躍しております。

 現在、世界では紛争や迫害によって5100万人が難民生活を強いられています。紛争で命を落とした犠牲者の90%が一般市民で、そのうち少なくとも半数が子どもです。また、世界で18才未満の子ども30万人が少年兵として紛争に巻き込まれているといわれております。こうした情況の原因は、何かと言えばいろいろな原因があると思いますが、貧困、不平等、民族間の緊張、教育の欠如等です。その中でも特に教育が重要ではないでしょうか。教育が行なわれない子ども達に平和は訪れないと思います。私達ロータリアンは、平和や紛争解決の問題にもっと積極的に関心を持ち、貢献する必要があります。

 第2820地区のロータリアンの皆様にロータリー財団の意義をご理解いただき、国内外の教育に関わりを持ち、国際社会の平和を推進するため、友好地区等と協力し奉仕活動をしていただきたいと思います。

「職業奉仕月間」によせて

 新年明けましておめでとうございます。
 昨年中に、今年度の公式訪問を無事終えることができ、各クラブ、地区の皆様には大変お世話になりました。

 さて、今月は「職業奉仕月間」ですが、職業奉仕はわかりにくいとよく言われます。例をあげると、職業を通じた奉仕なのだから、弁護士さんが無料の法律相談をする。あるい
はお医者さんが、無医村に出向き無料で診察する等が職業奉仕と考えている方がいらっしゃいます。ロータリーの考え方では、それらは立派な行為ではありますが、職業奉仕ではなくむしろ社会奉仕だと位置づけております。職業奉仕がわかりにくいのは、英語でいう「ヴォケーショナル・サービス」とそれを訳した「職業奉仕」の概念の差によるものだと思います。ですから一般の職業の方が、日常の業務の中で普通に行う職業活動の中での職業奉仕、「ヴォケーショナル・サービス」がロータリーで考える意味での職業奉仕となるわけであります。

 職業奉仕には四つのテストがあります。これは、ロータリーの有名なモットーである、アーサー・シェルドンの言う「最も良く奉仕する者 最も多く報いられる」という言葉と基本的に一致するものです。天職を通じたサーヴィス(職業奉仕)すなわち相手の事を考え、皆のためになるような職業活動をする。それがビジネスの繁栄にもつながるという考え方です。

 天職は、天から与えられた、神様から与えられた世の中の為になる職業ですが、考えるに全ての職業が天職といえます。ですから、自分の職業を大事に思い、職業を通じて世の中に貢献するという意識を常にもって活動することが何より大切なことであると確信しております。

 しかし、最近のRIの考え方は、職業奉仕の概念が軽んじられる方向へ向かっているように感じられます。日本のロータリアンにとって職業奉仕は大変重要だと思いますが、皆様のお考えはいかがでしょうか。

短期交換生 出発~3350地区へ~

  12月22日

2820地区の本年度の短期交換生5名が

3350地区へと出発しました。

 

ご引率いただくのは

高橋ガバナーエレクト!!

前日の諮問委員会でお疲れのはずですが

交換生とにこやかに会話されていました。

 (チェックイン中のエレクト)

 

交換生たちも次々にチェックイン

各自で両替もしました。

 

 

清水パスト、川上委員長もお見送りくださいました。

 

 

いよいよ搭乗です

 

 

2820地区の親善大使として

たくさんの交流をして

大きく成長して来てくださいね。

 

Good Luck!!

 

 

事務局 E.C

公式訪問 終了しました

12月20日の石岡RCへの公式訪問で

2820地区55クラブ全ての公式訪問が終了しました。

 

各クラブの皆様

ご同行いただきましたガバナー補佐、セクレタリーの皆様

ガバナー随行者の皆様

本当にお世話になりました。

 

 

事務局 E.C

公式訪問 笠間RC

11月16日は笠間RCへ公式訪問でした。

お邪魔しましたのは、笠間稲荷神社。

笠間稲荷神社は、古くから庶民の神様として広く信仰を集めてきた神社。年間350万人以上が訪れる、日本三大稲荷の一つです。

笠間RCの皆様、ありがとうございました!

事務局 E.C

「疾病予防と治療月間」によせて

 2014年10月、RI理事会は「12月を重点分野『疾病予防と治療月間』とした。地域社会の医療従事者の能力向上、伝染病の伝播を食い止め、非伝染病とそれによる合併症を減らすための、疾病予防プログラム、地域社会の医療インフラの改善、疾病の蔓延を防止することを目的とした、地域住民への教育と地域動員、疾病またはケガによって引き起こされる身体障害の予防、疾病予防と治療に関連した仕事に従事することを目指す専門職業人のための奨学金支援を強調する月間である」としました。

 毎年世界でデング熱やハンセン氏病に苦しみ、先進国での症例が少ないため、製薬会社の開発が遅れています。保健従事者の数が人口1万人あたり23人に満たない国が57ケ国、毎年世界で240万人の医師、看護師、助産師、熟練介護者が不足しています。また世界人口の6人に1人が医療費を払うことができません。医療費の負担によって毎年1億人が貧困生活に追い込まれています。

 そして「絶滅まであと少し」と言い続けながらもなかなか絶滅される事が難しいポリオの例を見れば解るように、疾病対策には膨大な費用と時間が必要です。ですから継続した活動を行なう力を持っているロータリーこそが支援すべきではないでしょうか。まずはポリオ撲滅のために、ロータリー財団への寄付をお願いします。

 日本で暮らしていると、こうした活動に対してはあまりピンときません。しかしながら私達自身も疾病予防を真剣に取り組まなければなりません。特に生活習慣病と言われる「高血圧、脂質異常性(悪玉コレステロール高値、中性脂肪高値等)、糖尿病」を引き起こす元締である肥満に対し策をとっておきましょう。

 ロータリアンが身も心も健康であれば、素晴らしい奉仕活動を行なえるのではないでしょうか。

ガバナー 台場へ行く!!

11月21日から23日まで、ガバナーは

・ロータリー財団地域セミナー

・ガバナー会議

・ロータリー研究会

のため、グランドニッコー東京 台場へお出かけでした。

2820地区のパストの皆様もご参加されました。

 

RI会長とのツーショット!!

 

 

無事、研究会が終わり、事務局もホッとしております。

 

皆様、お疲れ様でございました。

 

事務局 E.C

公式訪問 北茨城RC

10月24日は北茨城RCへ公式訪問に伺いました。

 

日本が誇る芸術家、岡倉天心が思索にふけったという六角堂。2011年の東日本大震災で流失しましたが、以前の姿よりさらに天心が造った六角堂を忠実に再現して再建されたとのことです。

まさに復興のシンボルです!!

 

北茨城RCの皆様、ありがとうございました。

 

事務局 E.C