作成者別アーカイブ: rid2820-gvn-office

「職業奉仕月間」によせて

 新年明けましておめでとうございます。
 昨年中に、今年度の公式訪問を無事終えることができ、各クラブ、地区の皆様には大変お世話になりました。

 さて、今月は「職業奉仕月間」ですが、職業奉仕はわかりにくいとよく言われます。例をあげると、職業を通じた奉仕なのだから、弁護士さんが無料の法律相談をする。あるい
はお医者さんが、無医村に出向き無料で診察する等が職業奉仕と考えている方がいらっしゃいます。ロータリーの考え方では、それらは立派な行為ではありますが、職業奉仕ではなくむしろ社会奉仕だと位置づけております。職業奉仕がわかりにくいのは、英語でいう「ヴォケーショナル・サービス」とそれを訳した「職業奉仕」の概念の差によるものだと思います。ですから一般の職業の方が、日常の業務の中で普通に行う職業活動の中での職業奉仕、「ヴォケーショナル・サービス」がロータリーで考える意味での職業奉仕となるわけであります。

 職業奉仕には四つのテストがあります。これは、ロータリーの有名なモットーである、アーサー・シェルドンの言う「最も良く奉仕する者 最も多く報いられる」という言葉と基本的に一致するものです。天職を通じたサーヴィス(職業奉仕)すなわち相手の事を考え、皆のためになるような職業活動をする。それがビジネスの繁栄にもつながるという考え方です。

 天職は、天から与えられた、神様から与えられた世の中の為になる職業ですが、考えるに全ての職業が天職といえます。ですから、自分の職業を大事に思い、職業を通じて世の中に貢献するという意識を常にもって活動することが何より大切なことであると確信しております。

 しかし、最近のRIの考え方は、職業奉仕の概念が軽んじられる方向へ向かっているように感じられます。日本のロータリアンにとって職業奉仕は大変重要だと思いますが、皆様のお考えはいかがでしょうか。

短期交換生 出発~3350地区へ~

  12月22日

2820地区の本年度の短期交換生5名が

3350地区へと出発しました。

 

ご引率いただくのは

高橋ガバナーエレクト!!

前日の諮問委員会でお疲れのはずですが

交換生とにこやかに会話されていました。

 (チェックイン中のエレクト)

 

交換生たちも次々にチェックイン

各自で両替もしました。

 

 

清水パスト、川上委員長もお見送りくださいました。

 

 

いよいよ搭乗です

 

 

2820地区の親善大使として

たくさんの交流をして

大きく成長して来てくださいね。

 

Good Luck!!

 

 

事務局 E.C

公式訪問 終了しました

12月20日の石岡RCへの公式訪問で

2820地区55クラブ全ての公式訪問が終了しました。

 

各クラブの皆様

ご同行いただきましたガバナー補佐、セクレタリーの皆様

ガバナー随行者の皆様

本当にお世話になりました。

 

 

事務局 E.C

公式訪問 笠間RC

11月16日は笠間RCへ公式訪問でした。

お邪魔しましたのは、笠間稲荷神社。

笠間稲荷神社は、古くから庶民の神様として広く信仰を集めてきた神社。年間350万人以上が訪れる、日本三大稲荷の一つです。

笠間RCの皆様、ありがとうございました!

事務局 E.C

「疾病予防と治療月間」によせて

 2014年10月、RI理事会は「12月を重点分野『疾病予防と治療月間』とした。地域社会の医療従事者の能力向上、伝染病の伝播を食い止め、非伝染病とそれによる合併症を減らすための、疾病予防プログラム、地域社会の医療インフラの改善、疾病の蔓延を防止することを目的とした、地域住民への教育と地域動員、疾病またはケガによって引き起こされる身体障害の予防、疾病予防と治療に関連した仕事に従事することを目指す専門職業人のための奨学金支援を強調する月間である」としました。

 毎年世界でデング熱やハンセン氏病に苦しみ、先進国での症例が少ないため、製薬会社の開発が遅れています。保健従事者の数が人口1万人あたり23人に満たない国が57ケ国、毎年世界で240万人の医師、看護師、助産師、熟練介護者が不足しています。また世界人口の6人に1人が医療費を払うことができません。医療費の負担によって毎年1億人が貧困生活に追い込まれています。

 そして「絶滅まであと少し」と言い続けながらもなかなか絶滅される事が難しいポリオの例を見れば解るように、疾病対策には膨大な費用と時間が必要です。ですから継続した活動を行なう力を持っているロータリーこそが支援すべきではないでしょうか。まずはポリオ撲滅のために、ロータリー財団への寄付をお願いします。

 日本で暮らしていると、こうした活動に対してはあまりピンときません。しかしながら私達自身も疾病予防を真剣に取り組まなければなりません。特に生活習慣病と言われる「高血圧、脂質異常性(悪玉コレステロール高値、中性脂肪高値等)、糖尿病」を引き起こす元締である肥満に対し策をとっておきましょう。

 ロータリアンが身も心も健康であれば、素晴らしい奉仕活動を行なえるのではないでしょうか。

ガバナー 台場へ行く!!

11月21日から23日まで、ガバナーは

・ロータリー財団地域セミナー

・ガバナー会議

・ロータリー研究会

のため、グランドニッコー東京 台場へお出かけでした。

2820地区のパストの皆様もご参加されました。

 

RI会長とのツーショット!!

 

 

無事、研究会が終わり、事務局もホッとしております。

 

皆様、お疲れ様でございました。

 

事務局 E.C

公式訪問 北茨城RC

10月24日は北茨城RCへ公式訪問に伺いました。

 

日本が誇る芸術家、岡倉天心が思索にふけったという六角堂。2011年の東日本大震災で流失しましたが、以前の姿よりさらに天心が造った六角堂を忠実に再現して再建されたとのことです。

まさに復興のシンボルです!!

 

北茨城RCの皆様、ありがとうございました。

 

事務局 E.C

 

公式訪問 しもだて紫水RC

11月14日はしもだて紫水RCへの公式訪問でした。

しもだて紫水RCの「Welcome サーモン at 筑西」活動を見学しました。

勤行川では、遡上する魚影や産卵の様子を、川岸から間近に見ることができるそうです。

遡上の時期は、おおむね11月上旬~12月上旬頃で、ピークは11月中旬だということです。

川の流れに逆らって一生懸命に泳ぐ鮭の姿はたくましいですね。

 

 

しもだて紫水RCの皆様、ありがとうございました。

 

事務局 E.C

 

 

公式訪問 土浦南RC

9月26日は土浦南RCへの公式訪問でした。

翌日朝、事務所に入ると大きな箱が!!

中を覗いてみると…

 

霞ケ浦帆曳船の模型

 

あまりの精巧な造りに目をみはります。

 

 

会員の方の手造りとのこと。

大切に飾らせていただきます!!ありがとうございました!

 

事務局E.C

「ロータリー財団月間」によせて

 ロータリー財団は、創立以来100年余り教育の支援や持続可能な成果を生み出すプロジェクトに総額30億ドルを提供してきました。

 国際ロータリー元会長アーチ C・クランフ氏が「世界で良いことをするため」に基金を創設した事により始まりました。

 世界35000あるクラブは、発展途上国にきれいな水をもたらし、平和活動に携わる人材を育成するなど、世界中で持続可能な影響をもたらしています。ポリオ撲滅活動においても、予防活動を通じて発症数を世界で99.9パーセント減少させてきました。これは個々の僅かな寄付でも、結局は一人の尊い命を救うことができるということです。

 ロータリーがポリオ撲滅に投入する資金に対して、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が2倍の額を上乗せしてくださるため、寄付が3倍になってポリオ撲滅活動に生かされます。ロータリー財団100周年を祝った昨年度は、ロータリアンと支援者の方々からの寄付は3億430万ドルになり、募金目標の3億ドルを上回る結果となりました。

 昨年度、第2820地区はロータリー財団に多大な貢献を下記の様にしてまいりました。

 1.寄付0クラブ達成
 2.年次寄付 119パーセント達成
   ポリオプラス 132パーセント達成
 3.ベネファクター 40クラブの達成
 4.ポールハリス・ソサエティー 49名
 5.ポリオプラスDDF寄贈 10000ドル
 6.ロータリー平和センターDDF寄贈 10000ドル
 7.財団奨学生 3名
 8.グローバル補助金プロジェクト 9件

 この様に地区の寄付の活用は、多岐に渡り34地区の中でも突出して有効に使われております。ぜひ、この素晴らしい活動を継続して、地域社会そして世界の奉仕事業に影響を与えていって頂きたいと願っております。