\ 第7分区 – 国際ロータリー第2820地区

2017-18年度 第7分区


ガバナー補佐就任挨拶

第7分区ガバナー補佐 青木 清人(水海道)

2017‐18年度の第7分区ガバナー補佐を務めさせていただくことになりました、水海道ロータリークラブの青木清人です。地区への出向歴もなく、また、勉強不足でもありガバナー補佐の責任の重さに不安を感じておりますが、職責を全う出来ますよう精一杯努力したいと考えております。

 ガバナー補佐の役割はガバナーの目標・方針を各クラブに伝達し効果的な活動が出来るよう支援することと、各クラブの現状、強み、弱み、をよくお聞きし、これらをガバナーに報告することと認識しております。

 RIテーマ「ロータリー:変化をもたらす」、保延ガバナーが掲げられる地区スローガン「未来へチャレンジ」と6つの地区目標を各クラブでの指針としていただき、また実践されるお手伝いが出来るように尽くして参りたいと思います。第7分区は少人数ではありますが、それだけにより絆も強められ、より友情も深められるかと思います。また、クラブには各々の歴史、地域性による特色があり、各々のクラブの多様性を認め合い尊重し合うことも大切であると思います。一方、会員の増強は喫緊の最優先に取り組むべき課題であると考えております。

 この一年間、分区内の皆様のご指導、ご協力をお願い申し上げまして就任の挨拶といたします。 なお、第7分区のIMの日程は平成30年2月24日(土)、第7分区のゴルフコンペは平成30年6月7日(木)、水海道ゴルフクラブを予定しています。





第7分区の主な予定


開催日 曜日 クラブ・ホスト名 内容 詳細 報告書
2017.08.22 竜ヶ崎 公式訪問   報告
2017.09.08 守谷 公式訪問   報告
2017.09.21 取手 公式訪問   報告
2017.10.18 水海道 公式訪問   報告
2017.10.23 牛久 公式訪問   報告
2017.11.17 龍ヶ崎中央 公式訪問   報告
2018.02.24 第7分区IM  





ガバナー公式訪問報告

幹 事 関野康子(竜ヶ崎)

 8月22日(火)、保延ガバナーをはじめ山本地区幹事、中泉会計長、酒寄地区副幹事、青木第7分区ガバナー補佐、石井セクレタリーをお迎えしてガバナー公式訪問が開催されました。

 午前中は中山龍ケ崎市長表敬訪問が行われました。当クラブの会長が議会議長という事もあり圏央道の開通による経済効果や人口減少対策に関しての活発な意見交換が行われました。

 懇談会では出席率や、友愛BOX等についてご質問、ご指導を頂きました。

 その後、咲や姫に場所を移してクラブ例会、ガバナー講話では「ロータリー:変化をもたらす」のスローガンのもと、RI方針及び、保延ガバナーの地区テーマ「未来へチャレンジ」のお話を頂き目標を再認識することが出来ました。

 クラブ協議会では各委員長より事業計画を報告してもらい、それらに対してガバナーより各々にご指導頂きました。今後のクラブ運営の参考となるお話を伺うことが出来ました。

 協議会終了後の懇親会では、終始和やかな雰囲気の中、会員それぞれがガバナーや、地区役員の皆さまと懇親を深める良い機会となりました。

 結びに、保延ガバナーがお体に留意されご活躍されますようご祈念申し上げ報告とさせていただきます。ありがとうございました。





ガバナー公式訪問報告

幹 事 橋本 秀明(守谷)

 我が守谷RCは5名という少人数ながら土田達雄会長(6回目)と共に17-18年度ガバナー公式訪問を迎えることができました。

保延輝文ガバナー をはじめ武川敏夫地区副幹事 海老澤正男地区副幹事、分区より青木清人ガバナー補佐、鈴木勝久ガバナー補佐幹事をお迎えしガバナー公式訪問がはじまました。

例会場にて事前協議です。土田会長より自己紹介、守谷市の紹介、守谷クラブの運営方針を説明いたしました。ガバナーより小さなクラブなのに寄付等の達成率がよいと称賛をいただきました。ただしトータルが若干の赤字なので考察が必要である事、中断しているニコニコボックスを復活してみてはどうかとアドバイスを頂戴しました。

続きまして例会に入ります。卓話ではパワーポイントを使ってのイアンH.S.ライズリーRI会長のテーマ・方針、保延輝文ガバナーのテーマ・方針やロータリークラブの重要性、知名度のアップなどを分かりやすくご説明を頂きました。

記念撮影後クラブ協議会を行いました。各委員会の発表に対してきめ細かいご意見・ご助言をいただきました。

例年にない簡素なガバナー公式訪問でした。ガバナーの評価は如何なものか不安ですが会員増強を目標とし未来へチャレンジしてまいります。保延ガバナーにおかれましてはお身体にご留意され、ますますのご活躍を祈念し報告といたします。





ガバナー公式訪問報告

幹事 三枝稔明(取手)

 9月21日午前11時45分、保延ガバナー、青木ガバナー補佐及び磯部太郎平、竹松敏克地区副幹事、染谷秀雄セクレタリー御一行様を例会場の常陽銀行玄関にてお迎えし、取手RC会長・幹事・会長エレクト・副幹事と共に、クラブの現状及び問題点を説明し、それに対するガバナーのコメントを12時30分からの例会直前まで頂きました。特に重要なテーマは、ロータリークラブ運営の根幹である理事会決定の重要性は、いかに友愛・親睦が大切である団体であっても、情に流されることなく、粛々と進めていくことに決意を持ちました。

 続いて例会では、2017-18年度の第2820地区の方針である「未来へチャレンジ」

1.クラブのサポートと強化
2.人道的奉仕
3.青少年への支援
について説明がありました。

 午後2時から3時40分までのクラブ協議会では、各委員会からの説明に対して的確なるご指導を頂きました。その中で「昨今、ロータリークラブのあり方が不透明になっていると感じている」というコメントに、我が取手ロータリークラブで進めている「ロータリーの理解」、具体的には、ロータリーについてのパネルディスカッション、会員との質疑応答が間違っていないと確信を持つことが出来ました。ガバナーには、短い時間の中でロータリーについて充実した時間を過ごせたことに感謝申し上げます。

 これからも続く、公式訪問及び今後の大きな行事を無事に過ごされんことをご祈念いたします。





上半期を振り返って

第7分区ガバナー補佐 青木 清人(水海道)

 上半期を振り返って
 春の3大研修(地区チーム研修セミナー、PETS、地区研修・協議会)及び7月の土曜日曜の地区各委員会研究では久し振りにノートにメモを取りながら、ロータリーの知識・最新情報を学ばせて頂きました。今までの勉強不足を痛感した次第です。

 会長・幹事会は第1回目を6/6に全員出席のもと新年度に向けての計画、お願い、意見交換などを行いました。又、懇親会では友情を深める事が出来ました。第2回目は12/14に下半期に向けて(特にIM)の打合せを行いました。

 クラブ訪問は各々3回訪問させて頂きました。7月初めにあいさつ廻り、次に事前訪問、そして公式訪問は8/22の竜ケ崎クラブを皮切りに、9/8守谷クラブ、9/21取手クラブ、10/18水海道クラブ、10/23牛久クラブ、11/17の龍ヶ崎中央クラブを最後に終了致しました。

 各クラブの皆様には本当に暖かく歓迎して頂きましたこと感謝申し上げたいと思います。

 各クラブとも特色を持った奉仕活動、親睦活動、和やかな例会を行っておられ、大変勉強になりました。会長・幹事さんが一生懸命にクラブ運営に取り組んでおられる姿には心から敬意を表したいと思います。

 第7分区の会員数の推移は7/1の期首で2014年201名、2015年172名、2016年157名、2017年158名になっています。11月現在での会員増強は、+7名ですので、トータル165名になります。

 暫く減少傾向が続いておりましたが何とか底を打ち、再び増加傾向が続く事を期待したいと思います。

 又、髙橋年度の第7分区ガバナー補佐に取手クラブの三枝稔明会員を推薦させて頂きました。リーダーシップを発揮されご活躍される事を期待しています。

 下半期に向けて
 下半期の主要行事はIMになりますが、2月24日(土) 常総市の満月において、山崎研修リーダーのご指導の下、「ENJOY ROTARY」(奉仕を楽しもう)(親睦を楽しもう) をテーマとして実行委員会を中心に準備計画中です。講演は NHK朝ドラ「ひよっこ」にも出演されていた常総市出身の女優、羽田美智子様にお願いしています。

 会員の皆様に楽しんで頂き友情を深める事ができるIMを目指したいと考えております。又、6月7日(木) には水海道ゴルフクラブを会場に第7分区親睦ゴルフ大会の開催を予定しております。

 下半期も第7分区の会員の皆様には積極的なご参加とご協力をお願い申し上げます。





ガバナー公式訪問報告

幹事 倉持功典(水海道)

 10月18日㈬、保延輝文ガバナーと山本進地区幹事をお迎えしてガバナー公式訪問が開催されました。

 11時より北村仁パストガバナーと青木清人第7分区ガバナー補佐同席のもと、クラブ事務所にて事前協議を行いました。

 その後、例会場に移動し、12時30分より通常例会を開催しました。保延ガバナーの卓話では、RI目標(優先項目)と2820地区目標について、わかりやすくご説明いただきました。終了後に記念写真の撮影をしました。

 午後2時からのクラブ協議会では、各委員長より今年度の事業計画や進捗状況を報告し、保延ガバナーよりご指導いただきました。

 懇親会では、保延ガバナーの気さくなお人柄にふれ、とても和やかで楽しい時間を過ごすことができました。

 最後に、長時間にわたりご指導いただきました保延ガバナーに、心より御礼申し上げまして報告とさせていただきます。





ガバナー公式訪問報告

幹事 小森 聡(牛久)

 このたび未明に台風21号が上陸通過と悪天候の中、保延輝文ガバナー、青木清人ガバナー補佐、浅野栄子副幹事、石井早苗副幹事、前島聡セクレタリーにご訪問頂き誠にありがとうございました。会場到着早々に牛久市役所へも足をお運び頂き、根本市長とも面談の上、社会奉仕の重要性をテーマにロータリーと地域向上につながる話題で、懇親を深め、記念撮影もすることが出来ました。そして会場に戻り例会にご参加いただき、偶然にも新会員の入会式と重なり、保延輝文ガバナーに新会員の襟元にバッチをつけて頂くという、大変貴重な体験ということとなりました。

本日のプログラムにおいてはRI目標ー優先項目におけるお話や地域目標に対するお話とスクリーンを使ってのご説明を受け、会員全員が真剣に聞き入る場面となりました。例会終了後、記念撮影を和やかなムードで行うことができ、その後クラブ協議会へと入ることが出来ました。協議においては各パートごとに丁寧なコメントと、これからのロータリーは「変化をもたらす」のテーマの様に変化をする時代に差し掛かっているとメッセージを保延輝文ガバナーより頂きました。そして総評として青木清人ガバナー補佐より第7分区で最もバランスの取れたクラブであるとお褒めのおことばも頂け、最後にこれからの2820地区の発展をご祈願しながらの懇親会をスタートさせ、和やかなムードに話題も尽きぬまま、お名残惜しみながら、1日の幕を閉じることが出来ました。長時間に渡りご訪問頂いたことに大変感謝申し上げます。ありがとうございました。





ガバナー公式訪問報告

幹事 川上 勉(龍ヶ崎中央)

 平成29年11月17日・金曜日、とても良い天気である。当クラブの会場はゴルフ場。到着早々貴賓室にお招きした。ここはガラス越しに自然の絵画が堪能できる最高の部屋である。思わず今日が公式訪問でなくゴルフが楽しめたらとお互いに顔を見合わせた。

 事前協議の場でガバナーは当クラブを「ロータリー原理主義者」が多いとお褒めになった。かなり洗脳された情報とも思ったが、素直にロータリーに熱心なクラブだと勝手に解釈し協議に臨んだ。

 クラブ協議会の場で、ロータリーは「何をすべきか」ではなく、「何をしているか」で定義されるとご説明があった。少し原理主義が疼いたが、事業計画に対し的確なご指導と解釈をいただき多くの新しい発見を見い出すことができた。

 ガバナーとの懇親会の席上、会長はきっと飲んだ勢いだろうが会員増強を7名するとお約束していた。保延年度の期首は8名。現在11名。残す4名を達成して15名。何ということだ! お酒の抜けた現在、会長は事の重大さに気付き、会員増強に奔走する毎日である。