2017-18年度 第2分区


ガバナー補佐就任挨拶

第2分区 ガバナー補佐 大森 眞一(常陸太田)

RI2820地区第2分区ガバナー補佐をおおせつかりました常陸太田RCの大森眞一です。1年間お世話になります。よろしくお願い申し上げます。

2017-2018年度RIテーマは「変化をもたらす」であります。これを受けて保延輝文ガバナーは「未来へのチャレンジ」を地区テーマとし具体的に6つの目標を私達に提唱されました。第2分区として3つのキーワードをもって対応していきたいと思います。

 

① 地域の小さな変化にも目を向けましょう。
今日の私達は先輩方の地域奉仕活動の成果の上にあります。「地域の小さな変化」を敏感に感じ取り、次世代に継承していきたいと思います。

② ポジティブな思考・発想を持ちましょう。
地域のニーズに対応し、奉仕すべくポジティブな思考を持ちましょう。豊かな発想に繋がると思います。 ③ ベクトル合わせましょう。

先輩から「ノーと言わないことがロータリアンの証し」と教わりました。様々な方々のベクトルが「奉仕する喜びの実感」に結びつくことを信じています。

「感激・感動・感謝」は私の最も好きな言葉です。第2分区の仲間と共に額に汗をしながら、ロータリー活動をし、人々との交流のなか、奉仕をさせていただく「幸せ」を実感してみたいと思います。

浅学非才の身ですが、共に語り合えたら幸いです。





第2分区の主な予定


開催日 曜日 クラブ・ホスト名 内容 詳細 報告書
2017.08.28 那珂湊 公式訪問   報告
2017.09.05 ひたちなか 公式訪問   報告
2017.09.06 大子 公式訪問  
2017.09.13 常陸太田 公式訪問   報告
2017.10.20 勝田 公式訪問  
2017.11.02 大洗 公式訪問  
2017.11.29 東海那珂 公式訪問  
2018.02.11 第2分区IM  





ガバナー公式訪問報告

幹事 黒澤 利勝(那珂湊)

 平成29年8月28日㈪、第二分区最初のガバナー公式訪問が開催され、保延輝文ガバナーを初め、地区幹事、ガバナー補佐、セレクタリーの皆様がいらっしゃいました。

10時30分よりガバナーとの協議会を行い、その後 那珂湊RCが植樹・建立した湊公園にある50周年記念事業の「はまぎく」、60周年記念事業の「ソーラー電波時計」を見学していただきました。

ガバナーとの協議会の中で、石岡と那珂湊とはロータリークラブの人員構成、或は地域性など似ている所が多いですね、とのお話があり、お祭りは地域住民の絆をより一層深める場であり継承して行きましょう。ロックフェスティバル等の海浜公園の利用を第二分区で考案してはとの貴重なご意見も頂きました。

午後からは、通常例会を開催し、例会終了後、ガバナーを囲んでの記念撮影、クラブ協議会の実施、保延ガバナーによるパワーポイントを駆使し、本年度のRI会長のテーマ「ロータリー:変化をもたらす」、保延ガバナーのスローガン「未来へチャレンジ」等のお話がありました。

又クラブ協議会の中では各委員長から今年度の方針、事業内容を報告し保延ガバナーからの講評を頂きました。人財育成・会員増強・出欠の連絡等ご指導ご助言を頂き感謝申し上げます。

ガバナーをはじめ地区役員の皆様には朝早くから長時間にわたり、ご指導ありがとうございました。ガバナーのスローガンのもと今年一年活動させていただきます。





ガバナー公式訪問報告

幹事 小野 修(ひたちなか)

 9月5日(火) 10:15より、ひたちなか市内、ホテルクリスタルパレスにおいて、保延輝文ガバナーをお招きしてのガバナー公式訪問が粛々と開催されました。大森眞一ガバナー補佐を座長として会長・幹事との事前協議をまずは行い、当クラブの現況を共有しガバナーから「ひたちなかの会員は、数は少数ですが、年齢的にはとてもバランスが取れている」とのお言葉をいただき、協議会では昨年入会した会員向けにガバナーの考えを示したいとの話がありました。

11:00会場を変えて全員出席のもと、例会開始。ガバナーを講師とした例会は、アメリカでの研修風景、国際協議会の風景などパワーポイントを通して、新人を対象としてわかりやすく説明がなされました。が、しかし私たちベテラン(ちなみに私は在籍28年)にも、なるほど!と思う説明であり、自分がいかに勉強不足かを思い知らされた時間となりました。

その後の「協議会」では、保延ガバナーから今年度の事業方針についての指標、考えをお聞きしました。その講話を通してロータリー活動が世界を変える・・・ということが「本当なのだ」と感じました。小さなクラブでも志を持って活動することが大きな力になると思います。保延ガバナーは一つ一つの事業方針について自分の考えをしっかり述べていると感じ、あっという間に予定時間が過ぎてしまった協議会になりました。

その後「ランチョンパーティー」が開催され、ガバナー、ガバナー補佐、地区副幹事、セクレタリーの皆様とひたちなかRCの会員の親睦が図られ、楽しい、ためになる時間を共有することができました。





ガバナー公式訪問報告

幹事 岩間 貴宏(常陸太田)

 去る9月13日(水)、保延輝文ガバナー・大森眞一第2分区ガバナー補佐・藤枝剛地区副幹事をお迎えしてガバナー公式訪問が開催されました。

 当日は、大変天気が良くちょっと緊張気味に待ち合わせ場所の「道の駅ひたちおおた」に着いて待っていると大森ガバナー補佐に1本の電話が!「パンクしたから少し遅れるって。」との事。なぜか緊張が一気にほぐれました。待ち合わせ場所を急遽常陸太田市役所に変更し待っていると、思ったよりも早く到着され早速、大久保太一常陸太田市長を表敬訪問し震災時の対応などのお話をされました。その後「道の駅ひたちおおた」に移動し地区補助金をいただいて11月1日㈬に予定しております、オガタマの木の植樹場所と昨年同じく地区補助金で寄贈した屋外ソーラー時計を見学致しました。その後例会場に移動しクラブ役員との協議会では、会員増強についてアドバイスを頂きその後クラブの定款・細則についてご指導頂きました。

 例会では、当クラブ恒例の握手会・黒沢会員による生演奏でのロータリーソングでお迎えし、アトランタでの世界大会の様子を卓話で頂きました。

 クラブ協議会では各委員長より今年度の事業計画について説明を行いガバナーより各々ご指導頂きました。

 懇親会では、ガバナーの人柄にふれ、とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。

 保延ガバナーをはじめご来訪頂きました皆様には、早朝よりのスケジュールの中、様々なご指導を頂き有難うございました。心より感謝申し上げ報告とさせて頂きます。