2017-18年度 社会奉仕委員会


社会奉仕総括委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 社会奉仕総括委員長 郡司 孝夫 (水戸西)
shakai-gunji

2017-2018年度の社会奉仕総括委員長を仰せつかりました、水戸西RCの郡司孝夫と申します。よろしくご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 さて、本年度の社会奉仕委員会活動の方針としましては、
1) 奉仕活動の原点を見直し、改めて現在行われている活動内容を見直す。
2) 活動状況を、如何に社会にアピールし、ロータリークラブの存在意義を社会に認識して頂くか。
上記2点を方針として活動して参りたいと思います。奉仕活動は、地域のニーズに即したものでなくてはならないとされております。その点を踏まえ、現在行っている奉仕活動がクラブ内の自己満足で終わってないか。地域に必要とされる活動で有るかを、もう一度見直し、より良い奉仕活動にする為に、他に工夫はないだろうか。もっと地域に喜ばれる活動はないだろうか。を念頭に考え、見直す年度としたいと思います。

 又、その活動状況を十分に社会にアピール出来ているだろうかと言う事を踏まえ、新たに設立された公共イメージ委員会との協力のもと、各メディア等を利用し、積極的に社会に宣伝して行きたいと考えております。

 

 一年間、皆様のご協力を頂き、頑張って努めて参りたいと思いますので、よろしくお願い致します。





社会奉仕委員会の主な予定


7月29日(土)社会奉仕研究会/水戸三の丸ホテル
     10:00 登録・受付開始 10:30 開 会 15:00 閉 会
     場 所:三の丸ホテル 〒310-0011 水戸市三の丸2-1-1
     電話 029-221-3011
     ・案内(word) ・報告





社会奉仕研究会報告

国際ロータリー第2820地区 社会奉仕総括委員長 郡司 孝夫 (水戸西)
shakai-gunji

 去る7月29日(土)に、水戸市三の丸ホテルにおきまして「社会奉仕研究会」を開催致しました。

 本年度の「社会奉仕研究会」のテーマは、一つには、ロータリークラブにおける社会奉仕とはなんであると言う事を原点に立ち返り見直してみる。と言う事で有ります。ロータリー活動の根本をなす、テーマは「社会に奉仕する」で有ることは、皆様よくご存じの事と思います。従って、ロータリークラブには、「奉仕活動」は欠かせないもので有り、各クラブの社会奉仕委員長の置かれている立場は、ロータリー活動の中心となる立場であると思います。現在、各クラブに置かれましては、様々な奉仕活動を実施している事と存じます。

 

 先日の地区研修・協議会の分科会の折に、各クラブの奉仕活動内容を、アンケートと言う形でご提出いただきました。その集計結果を当日の研究資料として配布させて頂きました。私も、拝見させて頂きましたが、皆様、夫々素晴らしい活動をなさっております。

 

その奉仕活動について、もう一度原点に戻って見つめ直して頂き、マンネリ化していないだろうか、より素晴らしい活動を行う意味で改善するところはないだろうか、と言う事を考えて頂きたい。

 

 二つ目には、その活動が、真に社会に必要とされている活動であるかと言う事です。「手続要覧」には、社会奉仕活動について、 ①クラブの所在地又は行政地区内に居住する人々の生活を高めるために、時には他と協力し合いながら会員が行う様々な取り組み、そして、②地域社会が本当に必要としているものに基づいたものであり、かつ、クラブ全員の一致した協力を必要とした活動でなければならないと書かれております。つまり、現在行われている活動が、実際に社会のニーズに合ったもので有るか、そして、クラブ一丸となって取り組んでいる活動で有るか。と言う事を再度見直してみるという事で有ると考えます。その二つの観点から、現在の奉仕活動を見直して観るという意味合いで、各分区から代表して1クラブずつ、現在行って頂いている活動を事例発表として報告して頂きました。それを参考に、再度各クラブにて行われている活動を見直して頂きたいと考えております。

 そして三つ目には、その活動が社会にアピール出来ているか。今まで、ロータリークラブは折角行ってきた奉仕活動を表に出さないことが、ロータリークラブであるとの考え方をもっていたこともありました。それが、未だ「ロータリークラブって、どんなことをしているの?」と問われるように、なかなか社会に浸透しない原因になっている一つであると思います。

   

 これからは、もっともっと、社会に認知して頂かなくてはならないと思います。「ロータリークラブは、素晴らしい活動をしているクラブだ」と言う事を、積極的にアピールして行かなければならないと考えます。

 

 ですから、「公共イメージの向上」と言うものが、本年度のテーマに掲げられているのだと考えます。そのために、当日は、事例発表の後に、公共イメージ委員会の永井委員長に起こしいただき、各クラブで実施致しました素晴らしい奉仕活動を、公共メディアをいかに利用して、社会にアピールしていくか、その方法等をご講演いただきました。

   本年度のロータリーのテーマは“変化をもたらす”であり、保延ガバナーの活動方針は“未来へチャレンジ”“公共イメージの向上”で有ります。今までの活動に変化をもたらし、そして、未来に向かってチャレンジして行く事が本年度のテーマで有ります。  そのことを踏まえて、「社会奉仕研究会」を実施致しました。