2017-18年度 地区役員



国際ロータリー第2820地区 ガバナー 白戸 仲久

国際ロータリー第2820地区 ガバナー 保延 輝文(石岡)


2017-18年 国際ロータリー第2820地区 ガバナーメッセージNakahisa_Hakuto

2017-18年 国際ロータリー第2820地区 テーマ

2017-18年 国際ロータリー第2820地区 年間予定

2017-18年 国際ロータリー第2820地区 組織図

ガバナー公式訪問に関するお願い


地区幹事就任挨拶

国際ロータリー第2820地区 地区幹事 山本 進(石 岡)

susumu-yamamoto

2016-17年度から3年の任期で地区幹事を拝命致しました。エレクト年度には地区3大セミナーと会員増強セミナーを計画通りに実施し、地区幹事の責務を果たすことができました。懇切なご指導を賜りました諮問委員・地区役員の皆様に厚く御礼申し上げます。

会員数の少ない石岡RCからガバナーを輩出できるのも全ての行事でコ・ホストを務めて下さる第6分区のクラブの方々のご協力があるからこそです。あらためまして深甚なる謝意を表しますとともに、本番を迎えた今年度さらなるご支援を賜りますようお願い申し上げます。

保延ガバナーの「未来へチャレンジ」の旗印のもと、ガバナー補佐、地区チームの皆様と力を合わせ地区内の全てのクラブが存分に奉仕活動に取組むことのできる環境づくりを目指して地区運営に力を尽くして参ります。ご支援の程 よろしくお願い申し上げます。

 

地区幹事 地区幹事
田島 清太郎(古河中央) 小倉 克夫(水戸西)
seitaro_tajima hiroko-nakaizumi


 


地区会計長あいさつ

国際ロータリー第2820地区 地区会計長・地区資金委員 中泉 弘子(土浦中央)

hiroko-nakaizumi

 国際ロータリー第2820地区2017~2018年保延年度会計長を担当することになりました。保延年度におきましては、前会計長の福田一郎地区資金委員、次年度会計長の林明地区資金委員と共に、会員の皆様からの大切な地区資金等を無駄なく有効に活用することを念頭に、一年間活動して参ります。また保延ガバナーの方針の実現と、各委員会の活発な活動ができるよう、協力支援をしていく所存です。各クラブの会長・幹事におかれましては、送金カレンダーを参考に御送金の御協力をお願いいたします。

一年間皆様方の御指導御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。
 
 
 

地区資金委員 地区資金委員
林 明 (水戸西) 福田 一郎(古河中央)
hiroko-nakaizumi hiroko-nakaizumi

 


ガバナーノミニー挨拶

国際ロータリー第2820地区 ガバナーノミニー 中村澄夫(東海那珂RC)

中村澄夫

保延ガバナーの年度に入り、早や二ヶ月が過ぎようとしています。新年度に入り、地区の役員の方々、各委員会の方達、更に各クラブの会長・幹事様方には新たな気持から懸命な取り組みが開始されました。

 現在までには各委員会の研修会が毎週のよ うに開催されて、各クラブの担当の方達が今 年度の目指すべき方向を学ばれています。

 こうした中、新年度よりガバナー・ノミニ ーとしてご指名を頂き各行事に参加して、ロ ータリーの在り方を学ばせて頂いている昨今 です。

 研修会に参加することによりロータリーと は何か、そしてRIの方針に沿って何の奉仕 活動が可能なのか、その度に勉強させて頂い ているのが現在の初歩的気持ちであります。

 個人としては所属するクラブに入会して既 に25年ほど経過し、この間に数多くの先輩 方より多くの面でご指導を頂いてまいりまし た。この中で奉仕も学び、海外も含めての活 動を重ねてくることが出来、人としての交流 も続けている思いでもありました。

 しかし、この度預かることになりましたロ ータリー地区役員としての関わりから判断す ると、その真意はとても深く、そして理解出 来ていないことを認識させられ、学ぶことの 大切さを一段と感じるのであります。

 地区における先輩方の実績、国内の各地区  そしてRIの方々からの学び、また今日の厳 しさが増す生活環境の中で何が奉仕であり、 交流であるのか、更に可能であるのか否かを 理解して、事の在り方を深めたいと願うので あります。

 こうした立場から、個人としては重い役に 任命までには二年近くの時があり、この間の 過し方が大変重要なのであろうと思う今日で あります。

 地区におけるロータリーでの活動は、会員 の方々の連携が基本であろうと思われ、この 意味からでの情報の伝達、そして理解、更に 実施がどう進められるかが大きな課題であろ うと思われます。

 保延ガバナー年度が開始され、多くの皆様 方に参加を頂き、今年度に各クラブで独自に 検討される多数の奉仕活動に、立派な実績が 積まれますことを深くご祈念申し上げます。  また今後とものご指導を宜しくお願い申し 上げます


 

第1回 会長・幹事会報告

国際ロータリー第2820地区 地区幹事 山本 進(石岡RC)

susumu-yamamoto

 8月27日(日)、石岡RCがホストクラブとなり、2017-18年度RI2820地区 第1回会長・幹事会が開催されました。石岡RC石﨑雅比古会長の歓迎のことばに続いて保延輝文ガバナーが挨拶され、これまでエレクト時代からPETSや地区研修協議会などの機会を通じて唱えてこられた当地区の目標のうち、今回は特に「クラブのサポートと強化」「公共イメージと認知度の向上」「青少年への支援」の3点を最重点項目として取り上げられ、クラブ会長・幹事の皆さんにさらなる理解を求めるとともに効果的な活動に取組んで欲しいと呼びかけられました。

 当日の会議は予め用意されたプログラムに従って順次進行し、オンツーコンベンション担当の髙橋賢吾ガバナーエレクトと国際大会リージョナル・コーディネーターの藤居彰一パストガバナーから2018年トロント国際大会への参加呼びかけ、続いて7名の地区総括委員長(1名は代理)から各委員会の活動報告がありました。発表には昨年度の実績報告もあり、今年度に繋いで欲しい成果や解決に向けて取組んで欲しい課題なども示されました。8名のガバナー補佐の方々は既にそれぞれ分区内のクラブ訪問を通じて保延ガバナーの意を受けたクラブの管理運営に取組んでおられ、ガバナー補佐としてしっかりとその責務を果たして行くという意気込みがあらためて示されました。

 プログラムの終盤、My Rotary のアカウント登録についてクラブ役員専用の補足説明や地区資金報告、地区大会(2018年5月26・27日)開催の案内などがあり、その後もたれた質疑応答の時間では、RI会長賞にチャレンジしたい、成功のポイントは?といった大変意欲的な質問が出るなどして、この日の会長・幹事会は盛り沢山のメニューを駆け足でこなしながらも会議の趣旨・目的に適った成果を得ることができたのではないかと些かに自負するところでもありました。

 会議終了後には、例年通り懇親会が開かれました。保延ガバナーは他クラブの事業の成功事例を見倣い、他クラブと重層的に連携するなどして奉仕活動の質を高めながら、2820地区が一体となって公共イメージの向上を図って欲しいといわれております。そのためにも各クラブの会長・幹事・地区役員が交流と懇親を深める絶好の機会となり、大変楽しい有意義な懇親会となりました。

 最後に、皆様のクラブ運営と地区へのご協力をあらためてお願い申し上げ、報告と致します。