2017-18年度 国際奉仕委員会


国際奉仕総括委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 国際奉仕総括委員長 瀬戸 隆海 (水海道)
kokusai-seto

様々な奉仕プログラムにおいて、得手不得手とするクラブがあって当然であります。その中において、やってみたいんだけど取っ掛かりが判らないというクラブも少なくありません。それを察知して、情報を提供していくのが、地区委員会であります。

国際奉仕においても、ご他聞に漏れず冴えたるものであるかと思います。国際奉仕は、国際友好と世界社会奉仕の二本立てでありながら、車の両輪のごとく活動してこそ成果が上がるものであります。是非とも、クラブの応援隊として今年一年活動していきたいと思います。





国際奉仕委員会の主な予定


7月30日(日)国際奉仕研究会/グランドホテル東雲
     9:30 登録 10:00~16:00 研究会
     場 所:ホテルグランド東雲 つくば市小野崎488-1
     電話 029-856-2211
     ・案内(word) ・報告





国際奉仕委員会 世界社会奉仕委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 国際奉仕委員会 世界社会奉仕委員長 大藤 博文 (大子)
kokusai-oofuji

国際奉仕の理念は、海外での社会奉仕です。委員長として3年目の本年度も、国際奉仕事業において提唱クラブが発案し、その事業に賛同したクラブが資金を出し合う、相互扶助プログラムである第2820地区独自の“この指とまれ”をもって、国際奉仕事業の支援を行っていきます。前年度は提唱7クラブに41クラブより170万円余りの支援金をいただき、それぞれすばらしい国際奉仕事業が遂行されてます。

今後、事業の中に予算が増大し、“この指とまれ”ではまかないきれない国際奉仕事業も考えられますので、グローバル補助金制度の活用も図っていかなければと思います。

皆様に、国際奉仕の感動に触れていただけるよう微力を尽しますので、宜しくお願い申し上げます。





国際奉仕委員会 国際交流共同委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 国際奉仕国際交流共同委員長 鶴田一郎 (土浦)
kokusai-tsuruta

国際奉仕委員会の国際交流共同委員長3年目になります。1年目に国際奉仕委員会についてのアンケートを行いました。アンケートからいろいろな情報を頂きました。しかし、なかなか情報を有効に利用出来ずに2年目が過ぎてしまいました。

国際奉仕活動は、会員個人・クラブ・地区の活動と考える事ができると思います。2年度目の研究会でたくさんのご意見が出てきました。地区の国際奉仕活動は友好地区との活動等が行われています。クラブの国際奉仕活動は、当然ですが、クラブとクラブの活動になっています。国際奉仕活動は、会員が基本です。地区の国際奉仕活動から会員個人の活動まで、会員の参加が得られる機会の手助けをしたいと思います。





国際奉仕研究会報告

国際ロータリー第2820地区 国際奉仕総括委員長 瀬戸 隆海 (水海道)
kokusai-seto

1.地区における財団と国際の関係

国際ロータリーは本年度より、奉仕プロジェクトと持続可能なグローバル補助金の実施においてクラブを支援するという新しい責務が追加されました。

しかしながら、国際奉仕においては、グローバル補助金等に関する対応が遅れていることは実状であります。もっと、対応について強固な組織と実行を望むものであります。今年度はともかく、髙橋年度おいて、組織の見直しと分担の明確化を臨みたい。

さて、当地区においては、全国の地区に比べて比類ない国際奉仕をしていることは、評価に値するものであります。とくに、昨年度の世界大会において、世界的に実施されている1500以上のプロジェクトの中で、当地区の友部ロータリーのプロジェクトが、世界のなかで20のプロジェクトに選ばれ、表彰を受けたことは実績として喜ばしいものであります。今後とも、財団に寄付する以上に、財団資金を活用していただきたいものであります。

2.この指とまれのエントリー

 過日の国際奉仕研究会の席において、「この指とまれ」プロジェクトのプレゼンテーションが行われました。

今年は、6クラブからのエントリーがあったわけでありますが、資料については、すでに研究会の席で配布していますので、各クラブ会長幹事さんにたいして、研究会出席者から報告を受けているかとは存じますが、本日の資料にも添付しておりますので、それぞれご検討のうえ、多くのプロジェクトに賛同していただきたいと思います。

また、このプログラムに賛同したいと思う事業がありましたら、積極的にエントリークラブに例会に来ていただいて卓話をしていただき、賛助金を出すだけではなく、事業に対する思いを共有していただきたいと思います。

3.国際大会について

国際大会の意義、目的等について理解を求めました。とくに、藤居パストからの発言で、国際大会の内容については、現地で味合うのはとても大切でありますが、それ以上に「友愛の家」において、色々なロータリアンと情報交換していただき、活動を拡大していくのには、大変有意義であると言われました。

4.国際親善交流奨学生募集について

 昨年度において、2名の奨学生が決まりましたが、一人については、大変優秀な学生で、地区資金による奨学生よりも財団資金を活用した奨学生に変えたらどうだろうということで手続きを進めた結果、グローバル補助金による奨学生として派遣することになりました。

この奨学金の大きな目的は、人材育成もあるわけでありますが、将来のロータリアンの育成がメインであります。是非とも、多くのクラブにエントリーしていただきまして、優秀な人材を育てると共に、仲間を増やす一助になっていただければ思います。

詳細については、地区のホームページで紹介いたします。
以上、国際奉仕委員会の報告といたします。