2017-18年度 国際奉仕委員会


国際奉仕総括委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 国際奉仕総括委員長 瀬戸 隆海 (水海道)
kokusai-seto

様々な奉仕プログラムにおいて、得手不得手とするクラブがあって当然であります。その中において、やってみたいんだけど取っ掛かりが判らないというクラブも少なくありません。それを察知して、情報を提供していくのが、地区委員会であります。

国際奉仕においても、ご他聞に漏れず冴えたるものであるかと思います。国際奉仕は、国際友好と世界社会奉仕の二本立てでありながら、車の両輪のごとく活動してこそ成果が上がるものであります。是非とも、クラブの応援隊として今年一年活動していきたいと思います。





国際奉仕委員会の主な予定


7月30日(日)国際奉仕研究会/グランドホテル東雲
     9:30 登録 10:00~16:00 研究会
     場 所:ホテルグランド東雲 つくば市小野崎488-1
     電話 029-856-2211
     案内(word)





国際奉仕委員会 世界社会奉仕委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 国際奉仕委員会 世界社会奉仕委員長 大藤 博文 (大子)
kokusai-oofuji

国際奉仕の理念は、海外での社会奉仕です。委員長として3年目の本年度も、国際奉仕事業において提唱クラブが発案し、その事業に賛同したクラブが資金を出し合う、相互扶助プログラムである第2820地区独自の“この指とまれ”をもって、国際奉仕事業の支援を行っていきます。前年度は提唱7クラブに41クラブより170万円余りの支援金をいただき、それぞれすばらしい国際奉仕事業が遂行されてます。

今後、事業の中に予算が増大し、“この指とまれ”ではまかないきれない国際奉仕事業も考えられますので、グローバル補助金制度の活用も図っていかなければと思います。

皆様に、国際奉仕の感動に触れていただけるよう微力を尽しますので、宜しくお願い申し上げます。





国際奉仕委員会 国際交流共同委員長メッセージ

国際ロータリー第2820地区 国際奉仕国際交流共同委員長 鶴田一郎 (土浦)
kokusai-tsuruta

国際奉仕委員会の国際交流共同委員長3年目になります。1年目に国際奉仕委員会についてのアンケートを行いました。アンケートからいろいろな情報を頂きました。しかし、なかなか情報を有効に利用出来ずに2年目が過ぎてしまいました。

国際奉仕活動は、会員個人・クラブ・地区の活動と考える事ができると思います。2年度目の研究会でたくさんのご意見が出てきました。地区の国際奉仕活動は友好地区との活動等が行われています。クラブの国際奉仕活動は、当然ですが、クラブとクラブの活動になっています。国際奉仕活動は、会員が基本です。地区の国際奉仕活動から会員個人の活動まで、会員の参加が得られる機会の手助けをしたいと思います。