2016-17年度 第1分区


ガバナー補佐就任挨拶

第1分区 ガバナー補佐  大髙 司郎 (高萩)

この度、2016~17年度の第1分区のガバナー補佐を拝命致しました、高萩ロータリークラブの大髙司郎です。宜しくお願い申し上げます。

当クラブには多くの優れた先輩方がおりますが、消去法で私に役が回ってきました。全く予期しなかったガバナー補佐をお引き受けすることは身の程知らずですが、第1分区会長、幹事並びに会員の皆様の友情を頼りに自分にとって大切な1年にしたいと思います。

ガバナー補佐の役割は、地区と担当クラブのパイプ役ですから、コミュニケーションを図り双方のお役に立てるよう、誠心誠意頑張って行きたいと思います。

今年度RI会長のジョン・ジャーム氏は「人類に奉仕するロータリー」をRIテーマとされており、これを受けて白戸仲久ガバナーは「ロータリーに魅力を・一人一人が輝きを!」と地区活動方針のスローガンに掲げました。
残念ながらクラブには去っていく人もいれば、ロータリーが好きで継続する人もいます。どうすれば退会防止に役立つかを考えたときに、やはりロータリー行事の参加が楽しめて、ロータリーが理解できることだと思います。魅力的なクラブには人が集まります。原点は、元気で楽しく魅力的なクラブであるか否かではないでしょうか。

その上で、第一分区クラブ会長の皆様には元気なクラブつくりにバランスのとれた活動である「RI会長賞」にチャレンジされますようお願い致しました。大きなチャレンジでありますが、この1年間、各クラブ会員皆様のご指導、ご支援をお願い申し上げまして就任のご挨拶といたします。





第1分区の主な予定


開催日 曜日 クラブ・ホスト名 内容 詳細 報告書
2016/8/31 日立北 公式訪問   報告
2016/9/8 日立港 公式訪問   報告
2016/9/13 北茨城 公式訪問   報告
2016/9/14 高萩 公式訪問   報告
2016/9/26 日立中央 公式訪問   報告
2016/10/18 日立 公式訪問   報告
2016/11/22 日立南 公式訪問   報告
2017/1/28   第1分区IM   報告





ガバナー公式訪問レポート

菅野 しのぶ (北茨城RC)

 平成28 年9月13日( 火) 生憎の雨のなか北茨城市役所にて、白戸仲久ガバナー、坂田地区副幹事、土方地区副幹事、大高ガバナー補佐、石川セクレタリーの皆様をお迎えして市長表敬訪問が行われました。豊田北茨城市長と白戸ガバナーの古河市長在任の頃の懐かしいお話しなどや、北茨城の現状など熱心にお聞きくださり30分のスケジュールも、あっという間に過ぎてしまいました。

 会場になりましたのは当クラブ会員の大観荘でガバナーは青い海と水平線が見事だとお誉めくださいました。その青い海を背に、白戸ガバナー、大高ガバナー補佐、会長、幹事、副会長、村山地区委員参加のもと事前協議会が行われました。小池会長より「クラブ会員満足度アンケート」について説明がなされ会員の作成したグラフをもとに、小池会長より今後もアンケートを実施し、何年かかけ北茨城RC の現状を踏まえ、より良い点と改善案など見直して行きたいとの意見に、白戸ガバナーより的確なご指導を頂戴いたしました。また、ご持参頂きました2016年規定審議会の変更事項の資料をもとにご説明をして頂きました。また、CLP、定款変更のご助言を頂き今後の課題と致します。

 例会では、この日新入会員が1名入会し光栄にもガバナーよりバッチを頂きました、彼はお父様の跡を継ぐ二代目となり会員増強委員会も幸先の良いことでガバナー訪問に花を添える事ができました。プロジェクターにてRI 会長ジョン・ジャーム氏のメッセージと白戸ガバナーの「ロータリーに魅力を、一人一人に輝きを!」のテーマについてご説明頂きました。その後、クラブ協議会では各委員長出席のもと委員会の想いが発信されましたが、白戸ガバナーは、熱心に耳を傾けて一言一言的確なアドバイスを頂きました。また、私事ですが特に5大奉仕の若い委員長からの発表が今後の北茨城RCへの発展を感じる熱気を帯び、胸を熱くしてしまいました。16時30分からの懇親会では北茨城の地酒を楽しみ、お話しも盛り上がり、あたたかな交流ができたと感じます。

 遠方よりお越しいただき一日有意義に過ごしご指導頂きました事は、今後更なる北茨城RCの発展に会員一同努力してまいります。また、大高ガバナー補佐にはお隣の高萩市ということで甘えて、何度も足をお運びいただきご指導してくださいました。感謝致します。

 結びに2820地区白戸ガバナーのご活躍を祈念致します。

20160913kitaibaraki/





ガバナー公式訪問レポート

小森 勇一 (高萩RC)

 今にも秋雨の空模様、白戸仲久ガバナーの公式訪問である。茨城県の最北端、岡倉天心の六角堂で有名な五浦に宿泊されたご一行が、早朝、到着後、玄関にて、ロータリーとライオンズがなかよく寄贈した彫像を(山崎猛作)見る。ガバナーも山崎氏の作品を所蔵とのこと。

 ここで、市会議長の田所和雄会員がご挨拶、9時ちょうどには、市長室を訪問、ガバナー旧知の小田木市長と懇談した。続いて、利根川と比べたら小さな川であるが、花貫川堤防に行き、アジサイロードを視察、2005年からの草刈り等管理維持の難しさについてガバナーから所感をいただいた。続いて宇宙さくら公園では、巨大なパラボラアンテナを説明し、総和地区と同じようなアンテナ施設を見ていただいた。その後例会場に戻り、予定通り、日程を進めた。当クラブは、日展特選の書家、鈴木赫鳳会員の歓迎横断幕でガバナーを迎えるのが恒例であり、当日のプログラムを華やかにしている。

 懇親会は、かっての本町通りを5分歩いてもらい、市議会後、また、診察後駆け付けた会員など、5回も乾杯し、にぎやかに盃を傾けた。

20160914takahagi





ガバナー公式訪問レポート

有金 重幸(日立中央RC)

9月26日(月)、前週の降り続いた雨も一旦休息、 爽やかな風が吹き抜ける中、白戸仲久ガバナー、 舘野光男地区副幹事、稲葉健一様、大髙司郎ガバ ナー補佐、大河原浩ガバナー補佐セクレタリーを お迎えし、日立市のホテル天地閣にて、ガバナー公式訪問が開催されました。

午前11時より白戸ガバナー、大髙ガバナー補 佐、舘野地区副幹事、佐藤会長、笹島会長エレク ト、和田幹事エレクトと私の7名で役員協議会を 行いました。佐藤会長より会員満足度アンケート の集計結果に伴い、方針及び現況を報告を行った 後、白戸ガバナー、大髙ガバナー補佐より少人数ク ラブのこれからの活動に対して適切なご指導、助言をいただきました。午後12時30分からの例会 では、白戸ガバナーより卓話とパワーポイントを交 えて、国際協議会の説明、RI及び地区の目標を分 かりやすく説明いただき、会員一同、非常に理解を深めることが出来ました。記念撮影を行い、午後2時からのクラブ協議会では、各委員長から本年度 の方針、事業計画を発表し、それぞれに的確なご 指導をいただきました。会議の中で、白戸ガバナー ご自身の生い立ちやロータリーでの御苦労話など をお話しいただき、白戸ガバナーへの魅力がさら に深まると共により身近に感じました。

午後4時30 分からの懇親会も終始和やかな雰囲気のもと楽しい時間を過ごすことが出来ました。本年度、当クラブは25周年を迎えます。白戸ガバナーからお話し いただいた、魅力あるクラブ作りを目指し、邁進し ていきたいと思います。今後ともご指導の程、宜し くお願い致します。白戸ガバナーをはじめ、お越し いただいた皆様に感謝申し上げ、公式訪問の報告 とさせていただきます。

 





ガバナー公式訪問レポート

黒澤 和弘(日立北RC)

平成28年8月31日(水)、ホテルテラスザスク エア日立にて白戸仲久ガバナーをお迎えして、公 式訪問が開かれました。遠いところお越しいただ いたにもかかわらず、大変清々しいお顔でお見えになりました。

レストランでコーヒーを頂き、会長幹事協議会、 例会、クラブ協議会、そして懇親会とスケジュール をこなすなかで、ホテルを後にするまで、ガバナー のお顔が、いつもにこやかだったのが大変印象的でした。

会長幹事協議会において、会員満足度アンケート集計、そして、ガバナー自身の体験からロータリー活動の教えを頂き、ロータリーに対する熱い 思いが伝わって参りました。その後、通常例会を開催し、14:00よりクラブ協議会が行われ、白戸ガバ ナーよりご指導を頂き、各委員長も耳をかたむけておりました。大変参考になりました。

会員増強というロータリークラブの永遠のテーマに対しても参考になる意見を頂き、あれこれと意見交換するなかで、我がクラブは野球同好会が存在し、野球を通しての会員増強がパワーポイントとなっております。

また、ロータリアンはもとより、会員以外の方が読んでも分かりやすい内容の「今日からロータリアン」という冊子を配布して頂きました。

心より感謝申し上げます。
部屋を移して懇親会が行われました。この席でも、いつもにこやかなガバナーがおりました。色々な話題で、終始盛り上がりました。今日の教えを心に刻み、新たな気持ちでロータリー活動に邁進して行きたいと思います。

 





ガバナー公式訪問レポート

森山 滋(日立RC)

2016年10月18日(火曜日)秋空の下、RI第 2820地区白戸仲久ガバナー公式訪問が、大高司 郎第1分区ガバナー補佐、田島清太郎地区幹事、 福田一郎地区会計長、大河原浩ガバナー補佐 セクレタリーの5名をお迎えして開催されました。

当日朝10時に現在茨城県北芸術祭の日立地区 芸術展示会場でもある、日立市産業の発生の地日立鉱山(現JX日鉱日石金属)の日鉱記念館にて 集合し、館内見学及び茨城県北芸術祭展示品をご 覧頂きました。その後、日立RC例会場のホテル天 地閣へご移動いただき、藤居パストガバナー、清水パストガバナーはじめ、日立RC理事・役員メンバー がそろってお出迎えし玄関前にて記念撮影、その 後、大高ガバナー補佐の司会で会長幹事協議会が はじまりました。

まず初めに「会員満足度アンケー ト」結果についての報告をしました。日立RCは5年前に実施したアンケ-ト結果と本年度実施した結果を比較し、金澤会長より「前例主義が今後の課 題です」と報告すると、ガバナーからは、「他のクラ ブも同じ状態にあり全体的に年々変えてゆく必要 がある」との的確なご指導をいただきました。次に、ガバナーから規定審議会の変更内容、CLPについてご説明頂きました。例会においてはガバナーから講話、プレゼントの「今日からロータリアン」 に関するご助言を頂戴しました。

例会終了後、白 戸ガバナーを囲んで日立RC会員との記念撮影が 行われました。その後、クラブ協議会では各委員長より本年度クラブ事業計画の説明をし、ガバナ-からは、各委員会ごとに的確なコメントを頂きまし た。中でも、会員組織委員会・会員増強委員会に当クラブの女性会員不在の件につき今後女性会員勧誘を勧めるよう御指示頂きました。社会奉仕委 員会の活動として母子療育ホームへ「立位補助装 置の寄贈」の報告、国際奉仕委員会の活動のタイ 国への「中古消防自動車の寄贈」の報告について、 地区補助金を活用したこともあり、ロータリ-財団 100周年の広報活動を行ったことについても白戸 ガバナーは熱心に耳を傾けておられ、日立RCの奉 仕活動を具体的にご理解されたことと思います。

ク ラブ協議会終了後、多くのメンバー出席よる懇親 会は大高ガバナー補佐の乾杯でスタートし終始和 やかな雰囲気に包まれ最後に清水パストガバナー ご挨拶で終了致しました。白戸ガバナーをはじめ とする地区役員の皆様には遠方よりお越しいただ き、また長時間にわたりご指導頂きありがとうございました。

 





上半期を振り返って

第1分区ガバナー補佐 大髙 司郎 (高萩 RC)

 早いもので白戸仲久年度が始まり、6ヶ月が過ぎました。この間大変多くの経験をさせていただきました。白戸ガバナー、分区内各クラブ会長、幹事、ロータリアンの皆様のご指導ご協力並びにご支援の賜ものと思います。皆様方のご厚情に深く感謝申し上げます。

 第1分区は3月のPETS開催時において全クラブがRI会長賞のチャレンジを宣言(一点集中)、その後の会長・幹事会において優先取組順位を決めて新年度(全面展開)がスタートしました。7月以降は担当した日立、日立南、高萩、北茨城、日立港、日立北、日立中央の各クラブを訪問させていただき、RI会長賞や分区の優先取組内容を説明させていただきました。また、事前訪問では前年度のRI財団目標が地区内唯一未達成だった危機感をお伝えし、今年度目標達成に向けた更なるご協力をお願い致しました。

 更に、上半期の最大行事であります白戸仲久ガバナーのクラブ公式訪問も、8月31日の日立北RCを皮切りに11月22日の日立南RCまで、7クラブ予定通りすべて終了することができました。いずれのクラブも会長・幹事さんはとて真面目で、本当に一生懸命クラブ運営に取り組んでおられる姿が印象的で感動いたしました。ガバナーの情熱とご指導ご指摘に、各クラブにとりまして意義のある公式訪問となったと思います。

 分区内会長・幹事会は4回開催させていただき、その結果、目標とした上半期の集中取組は順調に推移、現在は全クラブがRI会長賞を狙える位置にあります。

 ガバナー補佐の手引書には、補佐としての役割と責務が数多く載っていますが、ガバナー補佐とはRIや地区の重要な方針をお伝えすることやクラブが目標を達成するために適切なお手伝いをすることと思っております。1月には第1分区IMが計画されており、テーマは「本音で語るロータリー」を予定しています。

 そして、いよいよRI会長賞も仕上げに向けた時期となります。ガバナー補佐として、分区内、各会長・幹事と連携し、年度目標に向けた責務を果たしたいと思います。下期においても変わらぬご指導とご協力をお願い申し上げます。





ガバナー公式訪問レポート

池澤 健(日立南RC)

11月22日(火)白戸仲久ガバナー、地区副幹事宇津木寛次様、堀江久男様、ガバナー補佐大高司郎様、セクレタリー大河原宏様を要害クラブにお招き、公式訪間が行われました。

当日の朝5:59に東日本大震災以降忘れかけていた震度6弱の地震が起こり、開催されるか心配されましたが、幸い被害はなく予定通り開催されました。ガバナーとの協議の後、12:00から例会が予定通り開催され白戸ガバナーより卓話をいただき、さらにプロジェクターを交えて、ロータリーについて詳しく説明をいただき、会員一同理解を深めることが出来ました。その後ガバナーより新入会員、赤津君へバッジの授与が行われました。更に、クラブ協議会へ入る前に55周年記念事業、パンポン大会の報告とともに、ガバナーにパンポンを体験していただきました。ガバナー自身、パンポンは初めてということで、苦戦しましたが、とても楽しく行えたようです。

13:30からクラブ協議会が行われ、今年度の活動方針について各委員長から発表をしてもらい、ガバナーからのアドバイスをいただきました。 16:00からは懇親会が行われ、終始ロータリーについてお話をいただきました。白戸ガバナーをはじめ、お越しいただいた皆様に感謝申し上げ、公式訪間の報告とさせていただきます。





第1分区 I.M 報告

第1分区ガバナー補佐 大髙 司郎(高萩RC)

平成29年1月28日、第1分区IMは白戸仲久ガバナー、直前ガバナー倉沢修市IMリーダー、清水清パストガバナー、藤居彰一パストガバナーのご指導の下、人気No1国民宿舎「鵜の岬」カントリープラザにおいて盛大に開催された。

当日は日立RC34名、日立南RC25名、北茨城RC14名、日立港RC22名、日立北RC16名、日立中央RC14名、そしてホストの高萩RCが29名、7クラブ150名を超える会員と県北ローターアクト会員が参加。第1部の勉強会テーマは「本音で語るロータリー」とし、各クラブから7名のパネラーが登壇。それぞれの発表内容は①質素な人格者集団②本音で語るロータリー③RCに入会して④昨年のI.Mで感じたこと⑤個人的な感想と提案⑥3年間会員増強委員長として⑦ロータリーで拡がる地域活動等、実に多彩な発表となった。パネラーはもとより会場の皆さん共々それぞれのロータリー感やロータリーへの思いは感銘する点が多々あった。第2部は各クラブ会長から戦略計画について、効果的なクラブ、活力あるクラブつくりの決意が発表された。

IMの目的は勉強とお楽しみの相互交流、第3部のアトラクションは日本民謡にゴスペル、清水清パストガバナーの乾杯発生で第1分区合同新年会を開始。会場は一気にお正月らしい雰囲気となり乾杯から終了時間まで話題が途切れることもなく、藤居彰一パストガバナーの中締めまで大いに盛り上がり、恒例の「手と手つないで」を唱和して7時にすべての内容を終了した。





ガバナー公式訪問報告

糸賀 正俊(日立港RC)

9月8日(木)白戸ガバナー、森地区副幹事、舘野地区副幹事、大髙ガバナー補佐、大河原浩ガバナー補佐セクレタリーをお迎えして、ガバナー公式訪問が開催された。

当日午前10時に、白戸ガバナー、森地区副幹事、舘野地区副幹事、大髙ガバナー補佐、大河原浩セクレタリー及び鈴木稔会長、鈴木起一会員と私で、日立市長を表敬訪問した。

例会場到着後は記念撮影を行い、その後別室において、会長、会長エレクト、幹事との事前協議を行った。歓迎例会では、白戸ガバナーから卓話をいただいた。内容はパワーポイントを使って、RI会長のテーマ「人類に奉仕するロータリー」と、白戸ガバナーのテーマ「ロータリーに魅力を・一人ひとりが輝きを!」について改めて具体的なお話をいただいた。

午後からのクラブ協議会では、各委員長からの活動方針説明に対し、ガバナー及びカバナー補佐から、丁寧かつ的確なアドバイスを受けた。

ご指導のあった内容については、クラブ理事会等で検討し、次年度からの活動に反映し、より良いクラブ運営を目指したいと考えている。