2015-16年度 第2分区

第2分区7クラブ: 那珂湊 常陸太田 大子 大洗 勝田 東海那珂 ひたちなか  第2分区IM  

ガバナー補佐としての思い

国際ロータリー第2820地区 第2分区 ガバナー補佐 清水 貞一(ひたちなか)
国際ロータリー第2820地区 第2分区 ガバナー補佐 清水 貞一(ひたちなか
2015-16年度の第2分区ガバナー補佐をお引受けしましたひたちなかRCの清水貞一です。
倉沢ガバナー年度のスタートに当り、重責の重さを痛感しております。

ロータリー歴も長くなりましたが、健康に留意し、さまざまな奉仕活動を思い出しながら、クラブの各奉仕活動の縁の下の支えになればと思っています。

2015-16年度のラビRI会長のテーマは「世界への贈り物になろう」です。
仏教徒でもあるスリランカ人らしい奥行きのあるテーマです。

その心は「ロータリーを通じて私たちはいつまでも続く、本物のなにかを世の中に残すこと」にあると。ものをプレゼントするのでなく、「天から授かった己の才能を世にお返しをするのだ。」とも。

小生は和訳のプレゼントでなく、広義なgiftが良いと思うロータリアンの一人です。

倉沢ガバナー年度の地区テーマは「初心にかえり、新たなる一歩を」であります。

歴史と伝統あるロータリーの初心は大事にしつつ、新時代に適した改革が絶対に必要です。
古着を脱ぎ捨て、もっと女性や若い世代のロータリアンを増やそうではありませんか?「新たなる一歩」には会員増強が必要不可欠と考えます。

国際ロータリーの広報活動も重要です。4人に1人しかロータリーを知らないとの現状の殻から抜け出るには、身近では新しいロータリーのロゴを大いに活用し、各クラブが熱心に取り組んでいる社会奉仕と国際奉仕活動の広報にも注力してまいります。

これらRIと地区のテーマの実現に少しでも近づくよう頑張ります。よろしく。






第2分区の主な予定

開催日 曜日 クラブ・ホスト名 内容 詳細 報告書
2015/09/18 勝 田 公式訪問 10:00 ホテルクリスタルパレス 到着
@ひたちなか市大平1-22-1 TEL029-273-7711
10:30~11:00 ひたちなか市長表敬訪問
11:00~12:10 事前協議会
12:30~13:30 クラブ例会、ガバナー卓話
13:40~13:50 記念写真撮影
14:00~15:50 クラブ協議会
16:00~17:30 懇親会
⇒幹事報告
2015/10/05 那珂湊 60周年式典 水戸プラザホテルにて開催いたしました。
⇒幹事報告
2015/10/13 ひたちなか 公式訪問 10:00 ホテルクリスタルパレス長寿荘 到着
     @ひたちなか市大平1-22-1 TEL029-273-7711
10:15~10:55 ガバナーと役員の事前協議
11:05~12:00 クラブ例会 終了後記念撮影
12:15~13:35 クラブ協議会
13:40~15:00 ガバナーを囲んでの懇親会
          ランチオン・パティー(アルコール抜き)
⇒幹事報告
2015/10/21 大 子 公式訪問 11:00 常陽銀行大子支店 到着
     @大子町大子735-2 TEL0295-72-1101
11:00~12:20 ガバナーと協議
12:30~13:30 クラブ例会 終了後記念撮影
14:00~15:30 クラブ協議会
16:00~     ガバナーを囲んでの歓迎会
関所の湯@大子町大字袋田2642−7 電話:0295-79-1126
⇒幹事報告
2015/11/04 東海那珂 公式訪問 11:00 東海会館 到着
     @東海村船場544-2 TEL029-282-8351
11:10 お茶の接待(東海高校茶道部)
    ~12:15 クラブ役員との協議会
12:30~13:30 クラブ例会 終了後記念撮影
14:00~16:00 クラブ協議会
16:30~17:30 懇親会 
⇒幹事報告
2015/11/12 大 洗 公式訪問 10:20 常陽銀行大洗支店 到着
     @大洗町磯浜町953 電話:029-267-2131
10:30~11:30 ガバナーと事前協議
10:40~12:00 大洗町長表敬訪問
12:30~13:30 クラブ例会 終了後記念撮影
14:00~16:00 クラブ協議会
17:00~18:00 懇親会「小林楼」
     @大洗町磯浜町6880 電話:029-266-2005
⇒幹事報告
2015/11/16 那珂湊 公式訪問 10:30 藤屋ホテル 到着
     @ひたちなか市湊本町1-32 電話:029-262-4141
11:00~11:50 ガバナーと協議会
11:55 湊公園に移動して電波時計の見学
     常陽銀行湊支店へ移動
     @ひたちなか市湊本町2-22 電話:029-263-2123
12:30~13:30 クラブ例会 終了後記念撮影
13:50~15:50 クラブ協議会 終了後懇談会場へ
16:00~17:00 ガバナーを囲んでの懇談会「藤屋ホテル」
⇒幹事報告
2015/12/16 常陸太田 公式訪問

会場:ホテル「釜萬」 
11:00~12:00 役員との協議
12:10~13:10 例会
13:20~13:50 記念撮影
14:00~16:00 クラブ協議会
16:30~17:30 懇談会

⇒幹事報告
2016/02/11 祝:水 ホスト:ひたちなか 第2分区IM Intercity Meeting(インターシティー・ミーティング)


⇒報告


ガバナー公式訪問報告

訪問日:2015年9月18 日(金)
 
勝田RC 幹事 坂本 稔


 9月18日(金)10時に倉沢修市ガバナー、糸賀祥治地区副幹事、杉野訓男HP運営委員長、清水立雄ガバナー補佐セクレタリーが会場のホテルクリスタルパレスにご到着されました。
 10時30分、早速場所を移動し、ひたちなか市本間源基市長表敬訪問をいたしました。市内の那珂湊RC、ひたちなかRCの各会長にも同席をいただきました。
 11時15分から事前協議会に入り、倉沢ガバナーからはロータリークラブの現状と課題についての質問がありました。少人数クラブで積極的CLPの導入、また30~40代会員入会の必要性などについて、ご指導をいただきました。12時30分から例会が行われ、倉沢ガバナーによる講話、14時からクラブ協議会が開催されました。クラブ現況報告書に基づき各委員長が事業計画について説明し、これに対し倉沢ガバナーから懇切丁寧なご指導、ご助言をいただきました。最後にガバナーから所感を、例会から出席されました坪田純一ガバナー補佐代理には感想をいただきました。


 15時40分から懇親会に入りました。当日はガバナー公式訪問と当クラブ例会2000回が重なったこともあり、楽しいひと時を過ごすことができました。ありがとうございました。


 最後になりましたが倉沢ガバナー、役員の皆様におかれましては、健康に十分留意されご活躍されますことをご祈念申し上げ、ガバナー公式訪問の報告とします。






ガバナー公式訪問報告

訪問日:平成 27年10月21日(水)
大子ロータリークラブ 幹事 鈴木芳郎


 平成27年10月21日(水)、奥久慈の山々にも紅葉の訪れがやってきた秋晴れの良き日に、大子ロータリークラブに倉沢修市ガバナー、菊地達之地区副幹事、山﨑恭弘ロータリーの友地区代表委員、清水貞一ガバナー補佐、 川崎升夫セクレタリーをお迎えし公式訪問を開催いたしました。

 例会の前に行いましたガバナーとの協議会においては、クラブの運営、資金管理、会員増強、その他、さまざまな事においてアドバイスを頂きました。
 その後、例会において倉沢ガバナーの卓話としましてパワーポイントを使い今年度のテーマ等をわかりやすく ご説明いただきました。
 例会終了後は記念写真を撮り、クラブ協議会を開催し各委員長が事業報告、事業計画を説明しそれに対し倉沢ガバナーからは細部にわたりましてご助言をいただきました。 
                              
 場所を移動し、会員事業所であります”関所の湯”に於いて懇親会を和やかな雰囲気のなかで親睦を深めさせていただきました。
 倉沢ガバナー、役員の皆様におかれましては今後、益々のご発展とご活躍をご祈念いたします。 
                        



ガバナー公式訪問報告

訪問日:平成 27年  10月  13日(火)
ひたちなかロータリークラブ 幹事 坪田 純一


 10 月13 日(火曜日)、例会日の木曜日と異なる火曜日にスケジュールが組まれ、ガバナー訪問二週前の事前訪問は、清水ガバナー補佐が入院中のため、ガバナー補佐(2 回) を務めた経験のある坪田自身がガバナー補佐の代役を務め、クラブでの事前協議会を りまとめ、今日のためのプログラム(スケジュール)編成まで纏め上げておいた。
 ガバナー訪問当日は、清水貞一ガバナー補佐は補助車で身体を支え、病院から一時外出をし、小野 会長、小生坪田幹事と一緒に、倉沢ガバナー、沼野地区副幹事をお出迎えした。
 当日は、通常と異なり、事前協議会、例会、クラブ協議会を続けて行い協議会を終了後、昼食と懇親会を兼ねたアルコール抜きのランチョン・パーティと言う流れで進行させました。

 当日の様子を美辞麗句ではなく少々辛口でお叱りを承知で纏めてみました。

 事前協議会では、倉沢ガバナーは「現況報告書」によく目を通しておられ、気付き事項について、 丁寧にご指導を頂いた。当方からは「『への字』に屈折した「会員数の減少と危機を迎えた2820 地区」 というテーマで資料を纏め、今や地区内クラブにあって危機に瀕しているクラブがあり、大問題」と 言う話を持ち出し、当地区が出来るクラブ支援体制についてどこまで支援できるかを話題にしてみた。 時間の関係もあり議論に時間を費やすことは無かった。

 少人数クラブの論議の折、CLP を話題にし話を始められたが、話が上辺だけに終わった。DLP、 CLP 本来の目的をきちんと理解し、「地区研修委員会」「ガバナー補佐」等、10 年このかた活動が見 られない地区の動きにメスを入れ、新たな挑戦プラン、その有り様に力点を置いて地区(研修委員会) がクラブの活性化を導く妙案を検討中とでもお話をして頂きたかった。

 例会ではこの日のために準備された「パワーポイント」を前に卓話をなさいました。欲を言えば、 PETS、地区協で既に話されているテーマを省き、地区の抱える問題点、或いはクラブ毎の問題を 掘り下げ停滞しがちな、クラブの活性化を導き出すテーマに絞って話された方が良かったように思われる。

 クラブ協議会では、地区の組織体制とクラブ体制或いは対応について、具体的な策をご指導いただこうとしたが、妙に中途半端に終わった。また、身近な話題である「会員増強・退会防止」について の論議も、会員減少について然程危機感をお持ちでなく、RI の年次表彰制度のなかに次の記載があり ます。「少人数クラブ」、例えば、「10 人のクラブが5名の会員増強が達成できた時、クラブにRI 会長賞を頂ける」表彰制度があることを話しておられた。色々お話しなさることが会員のための「活性化のための妙薬」となるご助言は得られな かった。
 懇親会は、誰もが対面スタイル、円卓テーブルを設け、大 いに盛り上がり、貴重な意見の交換の場になった。
 最後に「手に 手つないで」を斉唱して一日の行事は終了した。




ガバナー公式訪問報告

訪問日:平成27年11月4日(水)
東海那珂ロータリークラブ 植野 重男


11月4日(水)に倉沢修市ガバナー、荒井 宏地区幹事、大竹雅夫副幹事、第2分区清水貞一ガバナー補佐、西野信弘ガバナー補佐セクレタリーを東海会館にお迎えしてガバナー公式訪問が行われました。

 クラブ役員との事前協議会の前に県立東海高校の茶道部女子10名によるお茶会接待は満足して頂いたのではないかと思います。事前協議会では、倉沢ガバナーから予算の助言やCLP(中期計画作成のための戦略計画委員会の立上げ)についてご説明、ご指導を頂きました。

 午後の例会の卓話では、プロジェクターを使用してRI会長テーマや地区テーマについて分かり易くご説明頂きました。例会終了後、クラブ協議会に移り大森会長が司会となり各委員会委員長からの事業計画発表に対しガバナー、ガバナー補佐から適切な助言、ご意見を丁寧にご指導頂き大変勉強になりました。講評では、「東海那珂RCは奉仕活動を沢山やっており感心しました。ニコニコを入れなければ事業は出来ませんので出来るもの、出来ないものに振り分ける必要があるかと思います」等々ご助言を頂き今後の活動に生かしたいと思っております。

 クラブ協議会終了後、目黒親睦委員長の司会の下、懇親会に入り温厚で気さくなお人柄に接することができ会員の皆様と和やかな雰囲気で過ごすことが出来ました。最後に「手を手に」を唄って無事ガバナー公式訪問が終わりました。ご来訪頂きました倉沢ガバナー及びご一行様には大変お世話になり充実した公式訪問となったこと感謝いたします。




ガバナー公式訪問報告

訪問日:平成27年11月12日(木)
大洗ロータリークラブ 飛田幸男


 平成27年11月12日(木) 倉沢修市ガバナー、秋田光祥地区副幹事、小島律子月信編集委員、清水貞一第2分区ガバナー補佐、飯塚敏晴セクレタリーをお迎いしての公式訪問が開催されました。
10時30分 常陽銀行大洗支店1階応接室にて 川崎会長、郡司会計そして幹事(飛田)の8名による事前協議に入りました。CLPについて(大洗RCでは2006年から施行している)、財団補助について、ニコニコについて、増強について、この指とまれ事業について、クラブセントラルについて等々ご指導をいただきました。
11時40分 大洗町役場の小谷町長へ表敬訪問、平成23年3月11日の東日本大震災における津波被害状況や町制施行60周年に当たり足跡の説明に聞き入りました。常陽銀行大洗支店に戻り2階例会場にて会員皆で歓迎し12時30分例会が開会しました。『初心にかえり新たなる一歩を』のテーマの通りパワーポイントによる卓話はとても基本的でわかりやすい内容でした。記念写真を撮り、
14時 クラブ協議会に入りました。川崎会長の進行で現況報告書に基づき倉沢ガバナーの適切なご提言をいただきました。また清水ガバナー補佐から感想の中でRCクラブセントラルの未入力についての指摘がありました。場所を変えて17時 懇親会では和やかなうちに親睦を深め、早めに退席されました。

朝から丸一日にわたるお勤め大変お疲れ様でした。ご健康に留意し、益々のご活躍を祈念しております。




ガバナー公式訪問報告

訪問日:平成27年11月16日(月)
那珂湊ロータリークラブ 遊座文郎


 11月16日(月)午前11時より倉沢修市ガバナー、佐伯優地区副幹事、糸賀祥冶地区副幹事、清水貞一ガバナー補佐、望月明男ガバナー補佐セクレタリーをお迎えして、まず事前協議会を行いました。
協議終了後は徳川光圀公ゆかりの湊公園へ移動し、当クラブの60周年記念事業でひたちなか市に寄贈した電波時計を見学して頂きました。

 午後12時30分より通常例会を開催。ガバナー卓話では、今年度のRIテーマである「世界のプレゼントになろう」の意味するところを説明して頂きました。また、2820地区のテーマである「初心にかえり、新たなる一歩を」については、ポールハリスの精神を説かれ、ロータリーの初心を大切にしながら、女性会員や若い世代の入会の必要性をお話頂きました。

 記念撮影後、当クラブ各委員長出席のもとでクラブ協議会を開催。各委員長が活動を報告し、その内容についてガバナーより御指導を頂きました。全体のガバナー講評では、オンラインツールの活用、会員増強などについてのご指導を頂きました。清水ガバナー補佐からはクラブセントラルへの入力を徹底するようにとのご指導等を頂きました。お二人からの講評を重く受け止め、これからのクラブ運営に生かしたいと思います。

 クラブ協議会終了後、場所を移して懇親会を開催。倉沢ガバナーを囲んで和やかに懇親会が行われました。ガバナー、ガバナー補佐及び役員の皆様には大変お世話になり、有意義な一日を過ごすことができました事を会員一同心より感謝致しております。




ガバナー公式訪問報告

訪問日:平成27年12月16日(水)
常陸太田ロータリークラブ 塩原吉博


 当日は倉沢修市ガバナーをはじめとする皆様には遠方より予定時刻の30分近く前より来訪頂き感謝申し上げます。
 11時からは当クラブ役員との事前協議会に入り、ガバナーからはDLPとCLPのお話を中心にご指導を頂きました。当クラブにおきましても、次年度以降のクラブの規模に見合ったより良い組織構築を模索している時期であり、大変参考になる示唆に富んだご指導と感謝しております。当クラブ役員からは会員増強状況や事業内容の説明を行い、良好との評価を頂きました。また地区における多くの情報等をご教示頂きました。

 12時10分からの例会では倉沢ガバナーより、RI会長及び倉沢ガバナーの掲げる今年度テーマ等が分かり易く説明され、多くの会員が理解を深めることが出来ました。14時からはクラブ協議会では、現況報告書に基づき各委員長より事業計画について説明が行われガバナーより丁寧なご指導、ご助言を頂きました。また清水貞一ガバナー補佐からは会計処理一部項目での検討課題のご指導を頂きました。

 16時30分からのガバナーを囲んでの懇談会は和やかな楽しい時を過ごすことができ、一日の日程を終了いたしました。倉沢ガバナーをはじめとする皆様には、長時間に渡りご指導いただき有難うございました。皆様の益々のご発展とご活躍をご祈念いたします。




上半期を振り返って

第2分区ガバナー補佐 清水貞一


11月末まで第2分区7クラブ中6クラブのガバナー公式訪問が完了し、12/16に常陸太田への訪問で全7クラブが完了の予定。ガバナーより頂いたコメントでは 

  1. クラブの平均年令が65歳を超えるクラブは平均年令の引き下げに努めること。
  2. 年会費削減のための戦略を、40歳代と女性がロータリーに入会し易い環境へ。
  3. 小規模クラブはCLPに沿ったクラブ組織の改編を。

第2分区の会員数は、期首(7/1)207名、期末目標221名。11月末で純増1名、年末まで、各クラブが更に数名の増強に努力中です。

下半期への抱負

  1. 分区内会長・幹事会の開催(1/10) 
  2. ガバナー公式訪問の報告と戦略計画の情報交換、IMの実行計画準備。
  3. 第2分区IMの開催(2/11);クラブ毎奉仕プロジェクトの報告と外部卓話
  4. Club Cenntral への入力と活用の完全実施。
  5. 地区大会への参加、国際大会への参加要請。
  6. ロータリー財団、米山奨学会への寄付の目標達成。
  7. ロータリー財団地区補助金の活用、次年度申請と本年度報告の実施。



IM報告

第2分区ガバナー補佐 清水貞一


 第2分区IMは2月11日、倉沢ガバナー、長谷川第2分区IMリーダーにご臨席頂き、分区内7つのロータリークラブ会員がクリスタルパレス長寿荘に集合しました。本年度はRI会長のテーマ「世界のプレゼントになろう」に因み、第2分区は「地域社会への贈り物になろう」をテーマとし、坪田IM実行委員長、ホストひたちなかRCのもとで実施しました。
基調講演として、国立茨城高専の日下部治校長先生に「21世紀型グローバル人材の育成」
と題し、国際化に挑戦されている高専の教育実態を講演頂きました。茨城高専は、全国51の高専中、明石高専とならび「グローバル化模範校」に指定されていて現在、留学生は11人ですが、今後、30人以上に増やす計画、女子も現状の15%からさらに高めて行きたいと熱意を語りました。国際ロータリーとしても青少年奉仕活動、米山奨学生の指定校など支援するポテンシャルの高い学校ですので全会員で研修しました。

続いて、ロータリー財団の地区補助金の活用を中心に、地域社会への奉仕活動を各クラブの会長または社会奉仕委員長から下記テーマの発表頂き相互理解を深めました。 

1.那珂湊RC   60周年記念行事、公共イメージと認知度の向上を目指して
2.常陸太田RC  星空観察会への観察機器の寄贈事業
3.大子RC      久慈川サケ稚魚観察・放流事業         
4.大洗RC       発達障碍児親子のための子育て支援事業
5.勝田RC    茨大付属特別支援学校への支援事業の軌跡(カメラ寄贈~写真集へ)
6.東海那珂RC  児童養護施設支援と地域住民との交流による奉仕活動
7.ひたちなかRC 湊線金上駅周辺の美化、勝田養護学校への支援事業

特に、常陸太田RCの発表では、黒沢会長のクラリネット伴奏で「見上げてごらん夜に星を」の全員での合唱があり、会場の雰囲気が最高に盛り上がりました。




2015~2016年度を振り返って

第2分区ガバナー補佐 清水貞一


【今年度の分区の活動・ガバナー補佐としての任務】

 1. ガバナー公式訪問事前準備について前年度ガバナー補佐との引き継ぎを兼ねて、6月中旬に第2分区内で新旧会長・幹事会を
   開催し、資料準備、現況報告書作成要領などクラブ間の情報交換と会員増強方針などを議論しました。

 2 ガバナー公式訪問は分区内7クラブの準備とご協力で効果的な公式訪問ができました。
   ガバナーからは小規模クラブに対し、CLPの効果的な活用とクラブ内委員会組織  
   の再編のご指導がありました。

 3. 2月11日に第2分区IMを開催しました。国立勝田高専の日下部校長による「グ
   ローバル社会の人材育成」と題しての基調講演に加えて、7クラブの「地域社会への
   贈り物になろう」をテーマにロータリー財団地区補助金の活用例を発表頂きました。 
   当クラブは小基模のクラブですが、会長・幹事以下クラブ全会員のご協力で有意義なIMが開催できました。

 4.特記事項として那珂湊RCは地区3番目の歴史あるクラブとして、2015年10月に創立60周年記念例会を水戸市で盛大に開催し、
   台湾友好クラブからも大勢参加頂きました。
   地区大会では大子RCは国際奉仕賞功労賞を、東海那珂RCは青少年奉仕功労賞を受賞しました。

 5.ガバナー補佐として分区内7クラブにそれぞれ担当セクレタリーを決め、クラブ全会員に多大のご支援を頂きました。任期中、
   ガバナー補佐が入院などでご迷惑をお掛けました。クラブ会員のご協力に深謝します。

【今後の課題・特筆すべき事項】

 1.ガバナーの負担を軽くするため、公式訪問の仕組みを改革したらと思います。
   クラブの独自性、設立経過もあるので、合同の公式訪問は極力避けるべきです。
   小規模クラブなどは、2クラブを午前と午後に分けて実施し、例会のみ合同で実するなど、運用方法の変更を提案します。

 2.ガバナー補佐の選出方法としての分区内クラブ輪番制も改める必要がありそうです。
   むしろ、補佐のエレクト、ノミニーを早目に選出し、十分な準備期間を設けるべき。

 3.Rotary Centralの入力と活用が、クラブ間に注力度に差がありました。

 4.分区会員数は目標には若干未達ですが、期中で増員ができました。多謝!