2014-15年度 第7分区

第7分区8クラブ: 竜ヶ崎 水海道 取手 牛久 守谷 稲敷 藤代 龍ヶ崎中央  第7分区IM  第7分区内クラブの奉仕活動案内

第7分区運営についての抱負

国際ロータリー第2820地区 第7分区 ガバナー補佐 張貝 正美(取手)
国際ロータリー第2820地区 第7分区 ガバナー補佐 張貝 正美(取手)
14-15年度第7分区ガバナー補佐という大役を仰せつかり重責を感じております。

今までは、自分のクラブ内での活動を主体としてやってまいりましたので、7分区全体のまとめ役となりますと、豊富なロータリーの知識と経験によるリーダーシップが必要とされ、自分の力が心配になります。

特に15-16年度には竜ヶ崎クラブの倉沢ガバナー就任が控えておりますので、第7分区全クラブがスクラムを組んで体制を整えていかなければなりません。

また、中小クラブが非常に多い分区ですので、会員増強にはお互いのクラブが情報を共有し協力し合って、7分区全体で全力で立ち向かうことが効果的であると思います。

また、奉仕活動、親睦活動等においても、単独クラブでの活動よりも、共同で行うことによってお互いのクラブ強化を図ることが大変有効であると思われます。
一年間7分区の為に頑張ります。


第7分区の主な予定

開催日 曜日 クラブ・ホスト名 内容 詳細 報告書
2014/08/04 牛 久 公式訪問 10:30 「甲子亭」@牛久市田宮49 到着
11:30~ 牛久市役所へ 、市長表敬訪問
12:30~13:30 クラブ例会 終了後記念撮影
14:00~ クラブ協議会
16:00~ 懇親会        
⇒幹事報告
2014/08/11 藤 代 公式訪問 10:30 取手桜が丘ゴルフクラブ 到着
     ※(旧)藤代ゴルフクラブ
    @取手市渋沼1393 TEL0297-82-7300
11:00~ 役員懇談会
12:30~13:30 クラブ例会 終了後記念撮影
14:00~ クラブ協議会
15:30~16:30 懇親会      
⇒幹事報告
2014/08/22 龍ヶ崎中央 公式訪問 10:00 ザ・ゴルフクラブ竜ヶ崎 到着
    @龍ヶ崎市泉町字原口1592-77 TEL0297-64-0110
10:30~12:00 ガバナーとの協議会
12:30~13:30 例会 終了後記念撮影
14:00~15:30 クラブ協議会
15:30~16:30 ガバナーを囲んでの懇親会
⇒幹事報告
2014/08/28 稲 敷 公式訪問 10:00 稲敷市役所江戸崎庁舎 到着 市長表敬訪問
    @稲敷市江戸崎甲3277-1 TEL:029-892-2000
10:30~12:00 ガバナーとの協議会
12:30~13:30 例会 終了後記念撮影
13:50~ クラブ協議会
16:00~ ガバナーを囲んでの懇親会
⇒幹事報告
2014/08/29 守 谷 公式訪問 11:00 守谷市市民交流プラザ 到着
    @守谷市御所ヶ丘5-25-1 TEL:0297-46-3370
11:00~12:00 ガバナーとの協議会
12:30~13:30 例会
13:40~14:30 クラブ協議会 終了後記念撮影
14:50~16:30 ガバナーを囲んでの懇親会
     常陸屋@守谷市立沢800 番地
⇒幹事報告
2014/09/04 取 手 公式訪問 11:00 常陽銀行 取手支店 到着
    @取手市取手2-11-5 TEL:0297-72-2603
11:00~12:00 ガバナーとの協議会
12:30~13:30 例会 終了後記念撮影
14:00~16:00 クラブ協議会
16:30~17:30 ガバナーを囲んでの懇親会
イタリア料理「ボーノ」@@取手市新町4-17 TEL:0297-84-6201
⇒幹事報告
2014/11/18 竜ヶ崎 公式訪問 10:15 喜仙料亭 到着
    @龍ヶ崎市下町2981 TEL:0297-62-0269
11:00~12:00 懇談会
12:30~13:30 例会 終了後記念撮影
14:00~16:00 クラブ協議会
16:00~18:00 ガバナーを囲んでの懇親会
⇒幹事報告
2014/12/03 水海道 公式訪問 10:50 水海道ロータリークラブ事務所 到着
    @常総市水海道宝町3386釜久ビル3F TEL:0297-30-0875
11:00~12:00 懇談会
例会場:常陽銀行水海道支店へ移動
    @常総市水海道宝町2790 TEL:0297-22-1251
12:30~13:30 例会 終了後記念撮影
14:00~16:00 クラブ協議会
16:00~16:20 ガバナーを囲んでの懇談会
16:30~     反省会並びに懇親会
    糀屋@常総市水海道諏訪町3254−1 TEL:0297-22-0026

⇒幹事報告
2015/02/15 ホスト:取 手 第7分区IM Intercity Meeting(インターシティー・ミーティング)

09:00~ 受付登録
     グリーンパレスふじしろ
     @取手市毛有111 TEL0297-83-3711

09:30~10:10 セレモニー

10:20~11:30 米山奨学生たち「夢と希望」を語る

11:45~13:30 懇親会

⇒IM報告
2015/04/14
~04/19
ホスト: 地区大会 地区大会に合わせて4 月14 日から19 日まで、
同センター1 階ギャラリーにおいて、「ロータリー奉仕活動展」として
地区内各クラブの主要な奉仕活動を紹介する展示会を
実施いたしました。
⇒第7分区内クラブの奉仕活動案内

⇒地区全部
2015/05/24 牛 久 30周年行事



ガバナー公式訪問報告

訪問日:2014年8月4日(月)
 
牛久ロータリークラブ 幹事 鳥越 啓隆 

平成26年8 月4 日(月)藤居彰一ガバナー、小松﨑光地区副幹事、張貝正美ガバナー補佐、田中雅人セクレタリーを当クラブの例会場「甲子亭」にお迎えしてガバナー公式訪問が行われました。

午前中は藤居彰一ガバナー御一行と、当クラブ会長、会長エレクト、幹事、地区委員長、地区国際奉仕支援アドバイザーを交えて協議会が始まり、適切なご指導ご助言をいただきました。その後11 時30 分に牛久市役所に出向き、市長表敬訪問を行いました。市長を囲み和やかな雰囲気の懇談会となりました。

12 時30 分より例会が始まり、昼食後のガバナー卓話では、プロジェクターを用いられてゲイリーC . K . ホァンRI会長の「ロータリーに輝きを」のテーマをはじめRI運営目標、2820 地区方針等を分かりやすく丁寧にお話し頂き、牛久RC会員一同熱心に拝聴することができました。

記念撮影後に14 時過ぎ頃より、クラブ協議会が中島邦夫会長の司会で開催されました。各委員長による事業計画の発表が行なわれ、数回に分けて適切なアドバイスを頂きました。特に、クラブ奉仕委員会の中のロータリー情報・会員増強委員会においては、牛久RCの文化や伝統を明確にして会員に伝えていくようにとのアドバイスを頂き、気持ちが引き締まる思いがしました。文化、伝統を大切にして、会長はじめ会員一丸となり会員増強に努めていく所存です。また、ガバナーとの熱心な質疑応答もあり、有意義なご講評を頂き協議会を終了いたしました。

16 時過ぎ頃よりガバナー歓迎懇親会が始まりました。午前中より長時間にもかかわらず、藤居ガバナーは終始笑顔でおられ穏やかなお人柄に触れる事ができました。また、本音のお話を頂きガバナーへの信頼感が増しました。小松﨑地区副幹事、張貝ガバナー補佐、田中セクレタリーにも長時間ご同席頂き有難うございました。大変感謝いたしております。

最後に藤居ガバナー、役員の皆様におかれましては、まだまだご多忙の日々が続きますが、ご健康には十分留意されご活躍される事をご祈念申し上げガバナー公式訪問の報告とさせて頂きます。

ガバナー公式訪問2014/8/4牛久ロータリークラブ




ガバナー公式訪問報告

訪問日:2014年8月11日(月)
 
藤代ロータリークラブ 幹事 信太 謙一 

8 月11 日に、藤居ガバナーをはじめ鈴木地区幹事、張貝ガバナー補佐、石井ガバナー補佐セクレタリーの皆様にお越しいただき、ガバナー公式訪問例会を開催いたしました。

当クラブは、メンバーが10数人の小さなクラブです。
とてもアットホーム的な雰囲気で様々な活動をしております。

しかしながら、昨年には2 名の退会者が出た事もあり、会員増強は大きな課題であります。ガバナーからは、地域の中で地域のために積極的に事業を展開して行く事が大切であり、地域での認知度が増すことが会員増強につながるとのご指導をいただきました。

我がクラブにおきましては、10 年以上続けてきた市内中学校野球大会という継続事業があります。
今夏 甲子園に出場した藤代高校のグランドをお借りして、毎年3 月の春分の日前後に2 日間かけ、市内6 校の中学校野球部を招き試合を行い、上位2 チームにメダルを贈呈するといった事業でございます。

過去の出場選手には楽天の美馬投手や大関 稀勢の里関もおり、市内中学校野球部にとっても、一年を占う初戦の様な位置付けとなっております。しかし、毎年の恒例行事となっていることから、いつの間にか繰り返し同じことをしている部分もあり、ロータリークラブが主催しているという事も含めて、地域に向けてのPR や、事業の本来の目的を見失っていた部分もあったと反省し、今年は薬物乱用防止のキャンペーンを同時に行うなどの工夫をして開催いたしました。

事業としては地域に必要とされているものでございますので、今後も目的を見失わずにしっかりと続けて行こうと、メンバー一同、決意を新たにさせて頂きました。

また、年に一度の藤代商工祭において、メンバーの医師・歯科医師・社労士・行政書士・税理士・弁護士がテントに並び開催する「人生よろず無料相談」も、多くの市民の方にご利用いただいております。

まだまだ課題は多くあるクラブではございますが、ガバナー公式訪問例会におきまして、小さなクラブであるが為に一人ひとりが近く、忌憚のない話し合いの中で、とても和やかに時間が過ぎて行ったように感じられました。

本当に多岐にわたるご指導をいただき、メンバー一同心より感謝しております。ありがとうございました。

ガバナー公式訪問2014/8/11藤代ロータリークラブ




ガバナー公式訪問報告

訪問日:2014年8月22日(金)
 
龍ヶ崎中央ロータリークラブ 幹事 横山 善英 

平成26 年8 月22 日( 金曜日) 快晴。
私たちの例会場はゴルフ場である。当日は紺碧の空と緑の芝生に映えた景色が、ガバナーを大歓迎するかのように一段と照り輝いておりました。

当初、クラブ活動実施場所等の見学として、米山奨学生や地域ロータリーの活動で大変お世話になっている流通経済大学へお連れする予定でしたが、残念ながら夏季休暇のため実現することができませんでした。

しかし、クラブ役員との協議会には十分時間を戴きましたので、ガバナー方針に背いている側面を持つ当クラブにおいて、この時間は大変貴重であり如何にして現状を打破すべきか絶好の機会となりました。

その結果は期待通り、会員増強(退会防止)への取り組み、楽しさと魅力あるクラブ創りへ。じっくりと弱小クラブから如何に立ち直るか積極的な意見交換がなされ、普段の胸の閊えが払拭できる程の有意義な時間を過ごすことができました。

午後からのクラブ協議会は、本年度からCLP を導入したこともあり、地区との連携、クラブにおける奉仕のあり方等、議長が制止する程の白熱した議論が展開されました。

当クラブ最大の努力事項は「会員増強」であります。その意義を取り違えることがないよう十分留意することが重要であり無理も禁物であること。
財団に関してはポリオ撲滅等様々な問題も抱えているが時代の経過、社会状況の変遷等を踏まえ柔軟に対応すること。
奉仕活動においては、奉仕プロジェクト委員会に一本化したこともあり負担増が懸念されるが、これまでの地域貢献と姉妹クラブからなる人道的奉仕への継続を維持すること。
以上のような参加者全員があらゆる面で再考させられる場を提供して戴きました。

「ガバナーとの懇親会」。
大した席は設けることができませんでしたが、これまでお窺い知ることのできなかった「お酒好き?」なガバナーのお人柄を垣間見ることができました。
県北から県南。日立から龍ケ崎までは100KM 以上もあることから十分なお話しも接待もできませんでしたがこの時間も又実りある懇親を深めることができました。

最後に、藤居ガバナー・張貝ガバナー補佐・鈴木地区幹事、長時間にわたり貴重なご指導ありがとうございました。
今後ともお体に留意の上ご活躍されることをお祈り申し上げます。

ガバナー公式訪問2014/8/22龍ヶ崎中央ロータリークラブ




ガバナー公式訪問報告

訪問日:2014年8月28日(木)
 
稲敷ロータリークラブ 幹事 飯嶋 明彦 

8月28日木曜日、藤居彰一ガバナー、金澤好利地区副幹事、張貝正美ガバナー補佐、石井紀男分区幹事をお迎えして、稲敷ロータリークラブガバナー公式訪問が執り行われました。

まず、午前10時より田口久克稲敷市長を表敬訪問いたしました。
ガバナーはこの5日前に行われていた稲敷市の花火大会を偶然車中からご覧になっていたそうで、日立市はじめ県内の他の花火大会の話題で盛り上がりました。

表敬訪問を終え、例会場の職業訓練校へ向かいました。
しばらく当クラブ、当第7分区の現状をざっくばらんに話し合いました。第7分区にも何かと困難があり、ガバナーより色々とご助言を頂きました。

続く例会では、ガバナーがパワーポイントを使ってGETS の様子や今年度のRI、地区の方針を説明してくださいました。RI 会長が今年度のテーマを発表するときの演出は大変派手で驚きました。

その後写真撮影を経て、クラブ協議会に移りました。

当クラブは会員数、経済状況では厳しい状況にありますが、ロータリー財団、米山記念奨学会への寄付で良い実績を収めていること、「この指とまれ」への参加、小学生対象の木工教室の開催、昨年度20回目を迎えた顕彰状贈呈式などの奉仕事業についてガバナーにご説明申し上げました。

8月7日に張貝ガバナー補佐が事前訪問にいらしたとき、「せっかくいい事業をしているのだから、積極的にアピールしてください」とご指導いただいていたので、十分にその意を汲んでアピールできたのではないかと思います。

総評ではガバナーから、今後の公式訪問で稲敷RC の例を紹介したいとのお話があり、ガバナー補佐からもお褒めの言葉をいただき、その後質素ではありますが、地元の菓子とお茶で、懇親会を行い、公式訪問の日程は無事終了致しました。

藤居ガバナー、金澤地区副幹事には遠いところをおいでいただき、ご指導いただきましてありがとうございました。

ガバナー公式訪問2014/8/28稲敷ロータリークラブ




ガバナー公式訪問報告

訪問日:2014年8月29日(金)
 
守谷ロータリークラブ 幹事 橋本 秀明 

今年の猛暑も若干緩み、過ごし易くなった8月29日のガバナー訪問の報告をいたします。

まず、11時より藤居彰一ガバナー、八木健二地区副幹事、張貝正美第7分区ガバナー補佐、石井紀夫同幹事、遠藤榮冶守谷ロータリークラブ会長、橋本秀明同幹事により事前協議・交流会を行いました。
守谷市の紹介と第7分区における守谷RCの現況(会員数8名・小予算など)を説明させていただき、それらに対する貴重なご意見をいただきました。

次に、12時30分より例会となりました。点鐘・国歌斉唱・ロータリーソング・軽食の後、藤居ガバナーの卓話となりました。パワーポイントを用いたプレゼンは、ガバナー公式訪問の目的、RIの会員数などの現況、RI会長の掲げたテーマの解説、今後ポリオ撲滅に関する内容等を当会員とのディスカッションをしながら、解りやすくご教授いただきました。

13時40分よりクラブ協議会を行いました。「クラブ現況報告書」に沿って各委員より報告、ガバナーより改善点などのご意見を頂戴しました。

14時50分より常陸屋(蕎麦)にて懇親会を行いました。

ガバナーおよび副幹事におかれましては、約100kmの距離をお越しいただきご苦労さまでございました。大変な公式訪問でございますのでお体にはくれぐれもご自愛くださいますようにお願いいたします。

ガバナー公式訪問2014/8/29守谷ロータリークラブ




ガバナー公式訪問報告

訪問日:2014年9月4日(木)
 
取手ロータリークラブ 幹事 岡本 静子 

《嬉しい一日》

取手市は茨城県の玄関口に位置し、昔は宿場町として栄えた街です。
取手ロータリークラブは創立45年、会員数20名のクラブです。当クラブは目下、次世代への移行と、会員皆が喜び誇りを持てる社会奉仕の模索をしているところです。

今年度は当クラブからガバナー補佐を輩出していることもあり、久保田会長曰く、「100%出席で藤居彰一ガバナーをお迎えしよう!」を合言葉に、会員みんなで声を掛け合って、出席率100%、18名の出席でガバナー御一行をお迎えすることが出来ました。

会員みんなの気持ちが一つになったようで、とても嬉しい一日の始まりでした。

クラブ協議会では、各委員長が立派に発表したことに内心“取手のクラブも捨てたもんじゃないなー”と感心したり、“質問!”と言って手も上がったりで、全員で活発な協議会になりました。

藤居ガバナーは、「地域に必要とされる奉仕を、地域の人、若い人を巻き込んで、地域のためのロータリークラブを是非やって欲しい。
20人で町のために何とかならないかと考えて欲しい。寄付したら終わりではない。想いが同じなら茶髪でもいい。若い人をロータリーで育てて欲しい。」

ガバナーは正直に、率直にご自分の考え、想いを話される方だと感じました。胸襟を開くと皆が話し始める。そして何かが動き出す。
嬉しい一日の始まりは、最後の懇親会まで楽しく嬉しい一日でした。

蛇足ですが、昼食は取手駅前のインド人のカレーとナン。懇親会は駅前『ボーノ』で、取手B級グルメ『鳥手羽かくれんぼ』と和風イタリアン料理を召し上がっていただきました。

名サポート役の鈴木様、武士様も遠路はるばるありがとうございました。
ご一行をお見送りした後、会員の一人が、「ロータリーって楽しいね、又ロータリーやりたくなった。」とつぶやいてくれました。
嬉しい一日の締めくくりでした。

ガバナー公式訪問を機に、何とか前進できるように会長を先頭に皆で頑張りたいと思います。

藤居ガバナー、ありがとうございました。これからの公式訪問、お体に気をつけて頑張ってください。

ガバナー公式訪問2014/9/4取手ロータリークラブ



ガバナー公式訪問報告

訪問日:2014年11月18日(火)
 
竜ヶ崎ロータリークラブ 幹事 阿部 孝義 

11 月18 日( 火) 秋空の晴天の中、藤居彰一ガバナー、鈴木一良地区幹事、張貝正美第7分区ガバナー補佐、田中雅人第7分区幹事をお迎えし、先に倉沢修市ガバナーエレクト事務所に寄って頂き会談をして、ガバナー公式訪問を開催致しました。

午前10時45分ごろ会場の料亭喜仙に到着され、出迎えました竜ヶ崎クラブの役員と挨拶を交わされた後、事前協議が行われました。協議内容は龍ヶ崎市の歴史、文化、伝統、産業、会員の増強など、内容の濃い話題で盛り上がりました。

12時に会員が集合し、12時30分より例会を開催。
12時50分より13時30分まで、ガバナーよりパワーポイントを使用して国際大会の様子やRI 会長の方針を分かりやすく説明をいただきました。ポリオ撲滅、退会防止について力説されました。

例会終了後、記念撮影をし、14時からクラブ協議会を開催しました。

クラブ協議会においては各委員長が意見等を発表し、ガバナーと意見交換することができました。特に会員増強、退会防止については、藤居ガバナーの熱い思いが会員の心を震わせる力強いお言葉を頂きました。休憩をはさみ、無事に協議会を終了致しました。

16時より藤居ガバナーを囲んでの懇親会が始まり、竜ヶ崎クラブの会員一人一人楽しく親交を深めて頂きました。ガバナーより壺入りの焼酎の差し入れがあり、会員でおいしく頂きました。

ご同行されました鈴木一良地区幹事、張貝正美分区ガバナー補佐、田中雅人分区幹事、長時間お付き合いを頂きまして誠にありがとうございました。

最後に藤居彰一ガバナーの益々の発展と健康を祈念致しまして簡単ではございますが公式訪問の報告とさせて頂きます。

ガバナー公式訪問2014/11/18竜ヶ崎ロータリークラブ



ガバナー公式訪問報告

訪問日:2014年12月3日(水)
 
水海道ロータリークラブ 幹事 山野井 周一 

平成26 年12 月3 日水曜日 藤居彰一ガバナー、鈴木一良地区幹事、武士洋一地区会計長、張貝正美ガバナー補佐、石井紀男分区幹事の5名をお迎えし、11 時よりクラブ事務所にて懇談会が行われました。
当クラブより北村パストガバナー、武藤会長、山野井幹事、海老原次期会長、松崎次期幹事が参加致しました。

初めに武藤会長よりクラブの現状について報告があり、会員の維持・勧誘・年齢構成等について細かく説明がありました。
最年少は35 歳から最年長は89 歳と大きな差はあるが、平均は60 歳前半とバランスのとれた構成であり、勧誘目標人数も達成され一致団結し運営されている旨の説明がなされた。

12 時30 分からは、例会場である常陽銀行水海道支店3階会議室に会員の拍手でお迎えし、ガバナー公式訪問が行われました。

先ず初めに武藤会長より歓迎の挨拶があり、「ガバナー訪問もあと5 ケ所 最後まで頑張って下さい」との話がありました。

その後、新会員の大澤清氏の入会式が行われました。推薦者代表の石塚克己会員より紹介があり、その後本人より自己紹介、又このような記念すべき日に入会出来た事への感謝が述べられ、会長より記念品が渡され入会式が終了しました。

13 時より藤居ガバナーのスライドを交えた卓話をいただきました。
「54 クラブ目の訪問で多くの参考になる経験をさせてもらった。又、自分の話す内容がストレート過ぎるとの評価が多く、自分なりに注意している。公式訪問の目的はクラブを効果的に支援する方法を探る事。会員増強に於いては減少傾向に歯止めをかけて活動を進めて行きたい」等、素晴らしい内容でした。

14 時より武藤会長の司会でクラブ協議会を開催し、各委員会の発表を3回に分けて行い、その都度コメントを頂きました。

16 時よりガバナーを囲んで懇談会があり、協議会での話やロータリーの地域での活動、愛郷の精神等、楽しく懇親の時間を過ごしました。
会員一同、本日頂いたアドバイスを活かし日々の活動に励んでいきたいと思います。

最後に本日は長時間に亘りご指導いただき誠に有難う御座いました。今後もご健康に留意され残された訪問が無事終了し、益々ご活躍される事をお祈り申し上げます。

ガバナー公式訪問2014/11/18竜ヶ崎ロータリークラブ



上半期を振り返って

※ガバナー月信2015年1月号掲載記事
 
国際ロータリー第2820地区 第7分区 ガバナー補佐  張貝 正美(取手) 

7 月より第7分区のガバナー補佐を拝名しましてから、約半年が経過しました。

第7分区のガバナー公式訪問が8月から9月初めに集中していましたので、ガバナー補佐としての活動のスタートは早いものとなりました。

3月のPETS と地区研修・協議会で各クラブの会長、幹事と各委員長にお会いし、責務の大きさに緊張したと共に、各クラブの方々に親近感も覚えることができました。

5月20日より竜ヶ崎クラブからスタートした各クラブの挨拶訪問はすべて6月中に終了し、この訪問で各クラブの例会場の状況、クラブの会員の方々の様子、例会の進め方、雰囲気等を掴むことができ、少しずつガバナー補佐としての仕事への意欲が湧きかけてきました。

8月初めから9月初めの一ヶ月間に6クラブのガバナー公式訪問がありましたので、その事前訪問が7月14日の牛久クラブからスタートしました。
前回の挨拶訪問とは違い、ガバナー補佐としての意見を求められますので、各クラブの現況報告書によってクラブの状況を把握しておかなければならず、かなり緊張度が上がりました。

ガバナー公式訪問は8月4日の牛久クラブよりスタートし、藤代クラブ、龍ヶ崎中央クラブ、稲敷クラブ、守谷クラブ、9月4日の取手クラブと続きました。真夏の猛暑の中、藤居ガバナー及び同行された地区幹事・副幹事の方々のご苦労は大変なものであったろうと思われます。
特に8月28 日29日と連日に稲敷と守谷へと、県北から県南への通いが続き、藤居ガバナーの健康が大変心配されました。

これらの各クラブ訪問を通じて、私がガバナー補佐として指導するよりも、逆に勉強させて頂いたことが非常に多く大変感謝しております。

牛久クラブの元気が良く、明るく、多彩な親睦活動と奉仕活動には圧倒されました。
藤代クラブ、龍ヶ崎中央クラブ、稲敷クラブそして守谷クラブ等は十数名から8名という小人数のクラブですが、ロータリー精神にあふれる会員のみのクラブですから、会員の結束の固い非常に居心地の良いクラブです。
竜ヶ崎クラブの公式訪問は11月18日に終了し、倉沢ガバナーエレクトを抱えての充実したクラブと感じました。
水海道クラブは12月3日に予定しております。第7 分区内の各クラブが模範とし目標としているクラブです。訪問を楽しみにしております。

これまでに7クラブのガバナー公式訪問に同席させて頂き、藤居ガバナーの大ファンになりました。藤居ガバナーの第7分区の補佐を務めることできた事を大変嬉しく思います。

来年度はこの第7分区の竜ヶ崎クラブより倉沢ガバナーが就任しますので、8月末のガバナーエレクト事務所開設と共に、第7分区の全クラブが出来る限りの協力を惜しまない体制を築きつつあります。





第7分区IM報告

国際ロータリー第2820地区 第7分区 ガバナー補佐  張貝 正美(取手)
※ガバナー月信2015年4月号掲載記事

2 月15 日(日)、佐藤衛IM リーダーのご指導の下、藤居彰一ガバナー、倉沢修市ガバナーエレクト、北村仁パストガバナー、そして多くの地区役員・委員をお迎えして第7 分区のIM を開催することが出来まして、私を始めとしたホストクラブの取手クラブの会員一同、大変光栄に思っております。


当日は、9 時受付、9 時半点鐘という早朝からのスケジュールにも係わらず、多くの会員の方々にご参加頂きまして、中小クラブの多い第7 分区でありますが、総勢約110 名のミーティングとなりました。


IM のテーマは、「世界に羽ばたく米山奨学生」とし、取手クラブが現在お世話している韓国の朴さん、近年お世話したデンマークのヤンさんと中国の隋さんの3 人の米山奨学生達に「米山奨学生の夢と希望」というタイトルで発表して頂きました。

私の約15 年のロータリ活動において、非常にやりがいがあり楽しいと感じた活動の一つが、この米山奨学生達への支援と彼等とのふれあいでありました。

この感動は、近年取手クラブの米山奨学会委員長と米山カウンセラーとして熱心に活動されてきた飯塚会員が、奥様と共にもたらして下さいました。飯塚会員は、米山奨学期間が終了した後も、彼等と温かい親交を保ち続けて下さいました。

米山奨学生達は、日本と彼らの祖国を繋ぐ太いパイプの役目のみならず、彼らの卓越した知識と能力を持ってさらに世界に羽ばたくことによって、ロータリーの究極の目的「世界平和」の方向へと導く大きな力になって下さるものと確信しています。

IM のもう一つの目的の懇親会は、北村仁パストガバナーの乾杯の音頭と共に、本陣太鼓グループの和太鼓演奏で賑やかに始まり、あでやかな女性たちのフラダンスを観賞したりしながら歓談し合い、楽しい一時を過ごしました。最後に全員が輪になって「手に手つないで」を斉唱し閉会となりました。




第7分区内クラブの奉仕活動案内

ロータリーはクラブが全ての根幹として考えられています。
私達の地区には素晴らしい活動をしている仲間のクラブが沢山あります、活動の一端をご紹介しますのでご覧ください。

■■国際ロータリー第2820地区 第7分区■■
竜ヶ崎:第28 回ロータリーカップ大会

水海道:水海道RC カップ杯グランドゴルフ大会

取 手:心の授業

牛 久:救急ボトルの作成・寄贈

藤 代:第16 回取手地区中学校野球大会

龍ヶ崎中央:Xmas Drop プレゼント梱包作業

国際ロータリー第2820地区内58クラブ全部⇒こちら






2014-15年度を振り返って


 
国際ロータリー第2820地区 第7分区 ガバナー補佐  張貝 正美(取手) 

 「途中で投げ出したガバナー補佐などいないのだから、健康第一で取り組んで下さい。」と取手クラブの先輩にアドバイスを受けて、取り組んだガバナー補佐の大役であり、また水海道クラブの大塚令昌前ガバナー補佐より丁寧な後押しの言葉を頂き、無我夢中で補佐の仕事に突入していきました。

第7分区8 クラブのガバナー公式訪問は、8月4日~ 9月4日に6クラブが集中しており、年度初めからハードなスケジュールを組まざるを得ませんでした。6月6日(金)の第一回会長・幹事会において、年間のスケジュールを発表しました。

年度初めに公式訪問が集中し、各クラブとも現況報告書の作成等の準備が大変であったろうと推測します。

8月4日(月)の牛久クラブがガバナー公式訪問のスタートでした。実に和やかで楽しい牛久クラブの訪問は、公式訪問のスタートとしては幸先の良いものになったと思われます。
8月11日の藤代クラブ、8月22日の龍ヶ崎中央クラブ、8月28日の稲敷クラブ、8月29日の守谷クラブ、9月4日の我が取手クラブと、中小クラブながら個性のあるクラブが続きました。
次は間をおいて、11月18日の竜ヶ崎クラブそして12月3日にガバナー公式訪問の締めを飾るにふさわしい水海道クラブ訪問が続きました。

IM は2月15日に、藤居ガバナーを始めとし多数の来賓をお迎えし、佐藤 衛IMリーダーのご指導の下開催しました。テーマを「世界に羽ばたく米山奨学生」として、取手クラブが現在お世話している奨学生とかつての奨学生の計3名の方の講演を聞きました。大変有意義な企画であったと自負しております。

5月15日には分区内のゴルフ大会、6月5日にボウリング大会を開催し、分区内の会員同士の親睦を深めることができました。

ガバナー補佐として力不足であったと反省すべきことが多大にありますが、自分自身にとってこれからの人生の力強い味方となる体験であったと実感しております。