2014-15年度 第5分区

第5分区7クラブ:  下館 結城 真壁 下妻 しもだて紫水 筑西きぬ 岩瀬  第5分区IM  第5分区内クラブの奉仕活動案内

第5分区ガバナー補佐抱負

国際ロータリー第2820地区 第5分区 ガバナー補佐 宮田 宏(結城)
国際ロータリー第2820地区 第5分区 ガバナー補佐 宮田 宏(結城)
私は昭和43年(34歳)で入会。当時、世界で146カ国、クラブ数13,756、会員数654,000名。
職業上、昼休み1.5時間の休養は必要でしたが、週1回1時間の会合で奉仕のお役に立て、知り合いも広くなることを考えてでした。

ロータリーの標語の一つ『One Profit Most Who Serves Best Above Sejf』
生きる喜びを更に深くさせる全人類共通の思いである事を年を経るにつれ深めています。

ロータリーが永遠に健全であるためには、会員数増強のみならず若人の入会が必須条件です。
各クラブの高齢化が進む現在、各会員が現状に満足せず、推薦できる人であれば積極的に誘うべきです。

入会している間にも人は成長し得ます。
なんとしても「時間に縛られるのが嫌」という彼らの考えを、それに勝る行動と広報を通してロータリーを強くしたいと考えます。



第5分区の主な予定

開催日 曜日 クラブ・ホスト名 内容 詳細 報告書
2014/09/09 真 壁 公式訪問 10:30 常陽銀行 真壁支店 到着
@桜川市真壁町真壁380−1 電話:0296-55-1121
11:00~12:20 ガバナーとの協議会
12:30~13:30 クラブ例会 終了後記念撮影
14:00~16:00 クラブ協議会
16:15~18:30 懇親会
⇒幹事報告
2014/09/17 岩 瀬 公式訪問 11:00 ゲストハウス湖畔閣 到着
@桜川市上野原地新田38 電話:0296-75-3121
11:05~12:00 会長・会長エレクト・幹事との協議
12:30~13:30 クラブ例会 終了後記念撮影
14:00~16:00 クラブ協議会
16:30~18:30 懇親会
松乃鮨@桜川市真壁町上小幡758-6 電話:0296-55-2355
⇒幹事報告
2014/09/24 結 城 公式訪問 11:30 喜久家本店 到着
@結城市結城1531 電話:0296-37-6934
11:30~12:15 役員懇談会
12:30~13:30 クラブ例会 終了後記念撮影
14:00~16:00 クラブ協議会
16:15~18:00 懇親会
⇒幹事報告
2014/10/16 筑西きぬ 公式訪問 10:00 筑西市立関城西小学校 到着
@筑西市関本中388-1 電話:0296-37-6934
クラブ活動実施場所の見学、校長先生との面談
10:40 ホテルニューつたやへ移動
@筑西市乙907−1 電話:0296-24-8181
11:00~12:00 ガバナーとの協議会
12:30~13:30 クラブ例会 終了後記念撮影
14:00~16:00 クラブ協議会
16:15~18:30 懇親会&(新入会員歓迎会)
⇒幹事報告
2014/10/23 下 妻 公式訪問 10:50 大宝八幡宮 到着
@下妻市大宝667 電話0296-44-3756
11:00~12:20 ガバナーとの協議会
12:30~13:30 クラブ例会 終了後記念撮影
14:00~16:00 クラブ協議会
16:30~18:30 ガバナーとの懇親会&観月会
ビアスパークしもつま
@下妻市長塚乙70−3 電話:0296-30-5121
⇒幹事報告
2014/11/04 しもだて紫水 公式訪問 11:00 ホテルニューつたや 到着
@筑西市乙907−1 電話:0296-24-8181
11:20~12:20 ガバナーとの協議会
12:30~13:30 クラブ例会 終了後記念撮影
14:00~16:00 クラブ協議会
16:05~17:00 ガバナーとの懇親会
⇒幹事報告
2014/11/05 下 館 公式訪問 9:30~遊水地見学
10:30 ダイヤモンドホール到着 記念撮影
@筑西市玉戸1053−4 電話:0296-28-8511
11:00~12:00 ガバナーとの協議会
12:30~13:30 クラブ例会 終了後記念撮影
13:50~16:00 クラブ協議会
16:30~18:30 懇親会

⇒幹事報告
2015/03/01 結 城 第5分区IM Intercity Meeting(インターシティー・ミーティング)
結城市民文化センターアクロス
@結城市中央町2丁目2 電話 0296-33-2001

13:00~ 登録受付
13:30~16:20 各クラブ発表ほか
■IMテーマ「魅力あるロータリークラブつくり」
1)ロータリーファミリー、ロータリーデイを活用した奉仕活動
2)会員増強について いかに新入会員を獲得するか
   退会を防止する方法
3)親睦活動の方法
4)魅力ある例会、効果的なプログラムの作成
5)他のクラブとの交流
6)クラブ週報の活用
7)そのほか
16:30~18:00 懇親会

⇒IM報告
2015/04/14
~04/19
ホスト: 地区大会 地区大会に合わせて4 月14 日から19 日まで、
同センター1 階ギャラリーにおいて、「ロータリー奉仕活動展」として
地区内各クラブの主要な奉仕活動を紹介する展示会を
実施いたしました。
⇒第5分区内クラブの奉仕活動案内

⇒地区全部
2015/05/23 結 城 50周年行事





ガバナー公式訪問報告

訪問日:2014年9月9日(火)
 
真壁ロータリークラブ 幹事 青木 常夫 

9月9日(火)藤居彰一ガバナー、宮田宏ガバナー補佐、小林廣久地区副幹事、海老澤功セクレタリーにお越しいただき、ガバナー公式訪問が行われました。

2週間前には、ガバナー補佐がお見えになり事前協議を開催し、ご指導いただきました。
現況報告書の実態を説明しご理解いただきました。特にガバナー補佐から現況報告がよく出来ているとお褒めの言葉も頂きました。

当日は、ガバナーと役員の協議会、ガバナー公式訪問例会、記念撮影、クラブ協議会、最後にガバナーを囲んでの懇談会とプログラムが進行しました。

12時30分からの例会のガバナー卓話では、プロジェクターを使い、国際協議会の様子をエピソードを交えた柔らかな語り口でご説明いただき、ガバナーの地区方針もしっかりと語られました。

特に午後2 時からのクラブ協議会では、各委員長からの事業計画発表に対し数回に分け適切なアドバイスを頂き、今後の活動に向けて大変参考になりました。
真壁ロータリーの市村会長より、親睦を深め、活発な奉仕活動をしよう。又、退会防止と会員増強3名と宣言されました。
会長をはじめ一丸となって勧誘活動を進めてゆく所存です。

午後4時30分には、会場を松乃鮨に移動して、藤居彰一ガバナーと懇親会を開催しました。
ガバナーからは、各々にお声を掛けていただき、和やかな雰囲気の中、無事終了しました。

藤居彰一ガバナー、宮田宏ガバナー補佐、小林廣久地区副幹事、海老澤セクレタリー、本日は長時間にわたり、ご指導、ご教授ありがとうございました。

以上をもちまして、ガバナー公式訪問の報告とさせていただきます。

ガバナー公式訪問2014/9/9真壁ロータリークラブ



ガバナー公式訪問報告

訪問日:2014年9月17日(水)
 
岩瀬ロータリークラブ 幹事 橋本 輝男 

 9 月17 日(水)秋晴れの中、藤居彰一ガバナー、宮田宏ガバナー補佐、小峰保信地区副幹事、齋藤章セクレタリーをお迎えし、桜川市のゲストハウス湖畔閣にてガバナー公式訪問が開催されました。

予定通り藤居ガバナーとの事前協議を行い、昨年度のIM で発表した資料(ゴミ捨て禁止看板設置)をご覧戴きました。
秋元会長より、今年度は地域エリアを拡大して行う趣旨の説明があり、藤居ガバナーから「地域との密接な関係を維持することが基本である。それが、会員増強へ繫がるので更なる努力が必要です」とのお言葉を戴きました。

例会では、川崎会員へ会報寄稿500 回記念の表彰が行われ、ガバナーからも大きな拍手を頂戴いたしました。

藤居ガバナーの卓話では、パワーポイントを使用し、国際協議会の様子や会員数の減少および増強、退会防止やポリオについて熱心に説明され理解を深めることが出来ました。

クラブ協議会でも、各委員長への丁寧なご指導がありガバナー自身の熱い思いが伝わりました。
宮田ガバナー補佐からは、街人口に対するロータリアンの人数がずば抜けて高いとの評価を受け、岩瀬クラブとして光栄に思いましたので、更なる発展を目指して行きたいと感じました。

さらに懇親会では、連日の公式訪問でお疲れのところ、最後までお付き合いいただき親睦を深めることが出来ました。
岩瀬クラブならではの明るさが見え、大変楽しい懇親会となりました。

最後に、藤居ガバナーを始めご参加いただきました皆様方に大変感謝申し上げますとともに、ますますのご活躍とご健勝、ご多幸をお祈りし、ガバナー公式訪問の報告といたします。ありがとうございました。

ガバナー公式訪問2014/9/17岩瀬ロータリークラブ



ガバナー公式訪問報告

訪問日:2014年9月24日(水)
 
結城ロータリークラブ 幹事 秋田 教市 

9 月24 日晴 今日は藤居ガバナー公式訪問の日だ。
私にとって初めての幹事としての訪問なので細かいことはほとんど分かっていなかった。それでも一応予定通りのプログラムはあったので、それなりにプログラム通り行われた。

さて初めに、ガバナー一行三名は結城市健康の森を視察。ここは結城ロータリークラブと里山の会メンバー他が一年を通して手入れをしている所で、自然の森である。

ここでコーヒーを一杯、団らんを交えながら岩月委員と海老澤会員がこの里山の活用(小学生などを呼び、健康の森フェスティバルを開催している)について、海老澤会員が作成した資料を元に説明しました。

そして次に、一行は結城の工業団地内を視察。50 号を抜け、例会場へ向かった。
会場では別室でガバナーとクラブ役員との協議があった。
会長はガバナーとの話し合いの中で、結城の歴史、そして現在の街の状態、近隣市町村との相違、これからの結城の発展性などを熱く語られた。
和やかな雰囲気のうちに、一時間程が過ぎた。

いよいよ例会場へガバナー一行が入場され、温かい拍手のもと席に着かれた。
また記念撮影ではクラブ委員の潮田君が記念撮影をし、すぐにガバナー事務所にメールで写真を転送してくれた。
入場の垂れ幕や看板なども彼が作成したということだ。

昼食後、ガバナーによるパワーポイントを使った卓話においてロータリークラブの現状などの話をしてくれ、力強いお言葉で30 分間とても良い時間を過ごせた。

14 時からのクラブ協議会では、各委員長が現在の結城クラブを熱く話されたので時間が無くなり、会長が「コーヒータイムも飲みながら休まず続けます」と一言。トイレ休憩もせず二時間、各委員の現況報告書に書かれていない悩みや希望、お金の使い方などガバナーのコメントアドバイスを受けながら、無駄話は一切ない熱い二時間が過ぎた。

16 時15 分からは二階へ下がって懇親会。
私は最近薬のせいかアルコールが飲めない身体になっていたので、ガバナーの赤くなった笑顔が特別良い表情で、私は酔ったガバナーもいいなととてもフレンドリーな気持ちになった。

楽しい時間もあっという間に過ぎ、玄関まで見送り、今日一日が終わった。

今回私は素人のような立ち振る舞いで細かいことには気づかず、ガバナーはじめ会長・会員の方々には申し訳なく、代わりに気遣いを教えてくれた方々にはありがとうございました。
今回の協議会にはタイ国よりパツムワンRCより三人が参加され、国際的な例会になった。
パツムワンの方々三名共バンコクで二回ほど会っていたので、私にとっても三回目で、とてもフレンドリーな会合でした。

ガバナー公式訪問2014/9/24結城ロータリークラブ



ガバナー公式訪問報告

訪問日:2014年10月16日(木)
 
筑西きぬロータリークラブ 幹事 大畑 良雄 

10 月16 日(木)午前10 時藤居ガバナー・宮田ガバナー補佐・小松﨑地区副幹事・秋田セクレタリーにおいで頂き、公式訪問が開始されました。

最初の訪問は当クラブの社会奉仕委員会と青少年奉仕委員会との合同で取り組んでおります「ハローワールド」実施校の関城西小学校へ訪問いたしました。

この小学校には当クラブの20周年の祝賀の際お送りいたしました「金木犀」が大樹となり、その前で先ずは記念撮影を致しました。校長先生のお出迎えを受け、30分程懇談を致しました。校長先生からは「ハローワールド」に対して感謝の意が添えられました。

その後例会場に移動し、11時から1 時間余ガバナーと当クラブ役員との懇談会となりました。その中でガバナーが強調されておりましたことは、クラブとしての明確な目標設定と何をするのかを会員全員が共有することが大切であるとのご指導がありました。

12 時30 分からは例会に入りガバナーからは2014 年~ 2015 年度の目標についてパワーポイントを使い再度の説明をお聞きいたしました。

その後、記念撮影、コーヒータイムを経てクラブ協議会へと進みました。

各委員長からは今年度の活動方針・活動計画を発表させていただき、その1つ1つについてガバナーよりご指導と、アドバイスをして頂き、又ガバナーのロータリーに対する熱き心に触れ大変有意義な時間を持つことが出来ました。

又数年悩んでおりましたCLP の取り組みに対しても明確な方向性を出して頂き会員全員が納得致しました。

その後16 時15 分からガバナーを囲んでの懇親会に進みました。もちろん乾杯はガバナー持参の本格芋焼酎であります。協議会とは雰囲気が一変いたしまして本音で語り合う懇親会になりました。

我がクラブは少人数の為、1 人1 人がマイクを持ちガバナーに対する感謝の言葉や質問、全会員が発言致しました。尚、今年7 月1 日の会員は14 名でしたが当日は16名の会員数でガバナーをお迎えすることが出来ました。今年度2 名の純増であります。

藤居ガバナーの更なるご健勝をご祈念しご報告といたします。

ガバナー公式訪問2014/10/16筑西きぬロータリークラブ



ガバナー公式訪問報告

訪問日:2014年10月23日(木)
 
下妻ロータリークラブ 幹事 木村  勉

10 月23 日木曜日、藤居ガバナー、宮田ガバナー補佐、小松﨑地区副幹事、小峰地区副幹事、海老沢セクレタリー(結城RC)をお迎えして、下妻ロータリークラブガバナー公式訪問が行われました。

10 時に会長、会長エレクト、直前会長、幹事、副会長(例会場 大宝八幡宮)に集合し、藤居ガバナー御一行様をお迎えしました。

10 時50 分より、ホタルの里づくり事業(ビア・スパーク)を見学していただき、その後、例会場にて事前交流会を行いました。

12 時30 分より、例会となり、点鐘、ロータリーソング、四つのテスト、食事の後、藤居ガバナーの卓話となり、パワーポイントを用いたプレゼンはガバナー公式訪問の目的、RI 会長の掲げたテーマの解説、ポリオ撲滅に関する内容等を解りやすくご教授いただきました。

14 時より、クラブ協議会に入り、クラブ現況報告書に沿って、各委員会より報告、ガバナーよりいろいろご意見を頂戴しました。

16 時30 分より、ビア・スパークに移動し、懇親会(地ビールで乾杯)観月会、バンド演奏にて親睦をはかりました。

藤居ガバナー、宮田ガバナー補佐、地区副幹事、セクレタリーには、遠いところお越しいただき、ご指導をいただきましてありがとうございました。

以上をもちまして、ガバナー公式訪問の報告とさせていただきます。

ガバナー公式訪問2014/10/23下妻ロータリークラブ



ガバナー公式訪問報告

訪問日:2014年11月4日(火)
 
しもだて紫水ロータリークラブ 幹事 遠藤 元明

11月4日(火)藤居彰一ガバナー、鈴木一良地区幹事、武士洋一地区会計長、宮田宏ガバナー補佐をお迎えし、ガバナー公式訪問を開催しました。

当クラブでは、継続事業として鮭の稚魚の放流を行っております。鮭の稚魚を放流した五行川では、11月から12月にかけて鮭の遡上を見ることができます。

午前10時に藤居ガバナーご一行が会場のホテルニューつたやに到着され、早速五行川にご案内し鮭の遡上を見ていただきました。その際には当クラブの鮭の稚魚の放流事業をご説明しました。

その後、ホテルニューつたやに戻り、藤居ガバナーと協議を行いました。筑西市の現状や地域の経済について説明し、その中でのロータリークラブの役割等について話し合いました。

12時30分から例会が始まり、藤居ガバナーの卓話では、パワーポイントを使い、サンディエゴで開催された国際協議会の様子とC.K.ホァンRⅠ会長の「ロータリーに輝きを」のテーマの説明、2820地区のテーマ、方針等を説明していただきました。

記念撮影の後、14時からクラブ協議会に入りました。
各委員長の発表に対しアドバイスをいただいたのですが、率直でわかりやすく熱意をもって話をして下さいました。当クラブの鮭の稚魚の放流事業については、高い評価をいただきました。

16時から懇親会に移りました。

藤居ガバナーの気さくでざっくばらんな人柄もあり会員との楽しい交流の場になりました。

最後に、藤居彰一ガバナー、鈴木一良地区幹事、武士洋一地区会計長、宮田宏ガバナー補佐には今後も健康に留意され、ご活躍されることをお祈り申し上げます。

ガバナー公式訪問2014/11/4しもだて紫水ロータリークラブ



ガバナー公式訪問報告

訪問日:2014年11月5日(水)
 
下館ロータリークラブ 幹事 早瀬 浩一

11月5日( 水) 藤居彰一ガバナー、宮田宏ガバナー補佐、小峰保信地区副幹事、小野﨑久雅地区副幹事、斉藤章ガバナー補佐チーフセクレタリーをお迎えして、当クラブ例会場ダイヤモンドホールにてガバナー公式訪問が開催されました。

当日朝、鈴木会長と幹事でホテルに藤居ガバナーをお迎えにあがり、私達が記念事業で植樹した桜がある筑西市内、母子島遊水池を御案内いたしました。また、直接宮田ガバナー補佐も現地においでになりました。

この、記念植樹事業は、1991 年、市民の憩いの場を目的に150 本のソメイヨシノを植えました。また、2004 年にRI 100 周年記念事業として170 本を追加植樹いたしました。見学されたガバナーもその桜の数と遊水池の向こう側に見える筑波山の景観には、感動していただけたと思います。また、私達は、地元の方々、ボーイスカウト、ガールスカウトと一緒に維持管理、お花見等いたしております。

その後、ダイヤモンドホールで会長・幹事会が開催されました。その中で特に印象に残ったのは、ガバナーの友愛の中にも1本筋の通った厳しいご指導があったことでした。

また、ガバナーを迎えての例会において2名の新入会員の入会式が行われました。これで、今年度3名の会員増強となり鈴木会長の掲げている目標に向かって着実に進んでおります。

ガバナーの卓話では、RIで行われた国際協議会の様子を御説明いただき、C.K. ホァンRI会長の今年度テーマ「Right Up Rotary」を掲げ1人1人がローソクを灯せば世界を明るく照らすことができると解説されました。

その後のクラブ協議会では、各委員会の発表のあとに個別にご指導いただきました。特に、会員増強に関して「何人増強すればいいというものではない。奉仕活動に何人必要だから何人増強しなければいけないのかと考えなくてはならない。目的は、奉仕活動のための会員増強である。」

また、奉仕活動のニーズに対しても意見を述べられ「何を奉仕するべきかわからないときは、市役所、公共の他団体に聞けばよい。地域に住む人達が喜ぶ奉仕、地域に根ざした奉仕を目指していただきたい。」と述べられていました。

また、これが今年度の「深めよう奉仕を通じて地域社会への貢献を」の地区テーマに繋がってくるとおっしゃっておられました。

クラブ協議会終了後、懇親会が行われ、ガバナー個人からおいしい焼酎をいただき会員みんなで飲ませていただきました。また、連日公式訪問でお忙しく、お疲れにもかかわらず会員1人1人にワインをつぎながら声を掛けて頂きました。

最後に藤居ガバナーに感謝と敬意の心をお届けすると共に健康にご留意され、これからも益々お元気でご活躍お祈り申し上げます。

以上ガバナー公式訪問の報告とさせていただきます。

ガバナー公式訪問2014/11/5下館ロータリークラブ



上半期を振り返って

※ガバナー月信2015年1月号掲載記事
 
国際ロータリー第2820地区 第5分区 ガバナー補佐 宮田  宏(結城) 

皆様、御機嫌宜しゅう御座居ます。
新年を迎え、静かで平和な、幸多き年にと祈ります。

この原稿の締切りは11月25日で、藤居年度発足約5ヶ月時の分区の報告となります。

当分区の公式訪問は、11月4日をもち、全7クラブ終了となりました。本当に御苦労様でした。

RI 会長やガバナーの第一の関心事は、会員増強でありましょう。

健全な組織として続くには、会員の年齢構成が大事です。下記の様に会員の高齢化が進んでおり、若手会員の入会に一番努力すべきです。彼等との考え方のギャップが言われます。小生の所属する県医師会でも公やけに叫ばれています。
何故かと。

<会員数の変移概略>
  ピーク時 現在
日本 約13万名(1996~97年) 9万名弱(2013年12月末)
D2820 3千名弱(1998年) 2千名弱(2013年)
第5分区
 長谷川年度期首 平均年齢 藤居年度期首 11月19日現在
212名 68才台1クラブ 202名 210名
40 才以下4名 64 才台1クラブ 40 才以下6名 40 才以下7名
女性  4名 60 才前後5クラブ 女性  6名 女性 11名
藤居年度期末予測(223名 40 才以下7名 女性11名)


ロータリーの原点である「超我の奉仕」の喜びを説き、入会後の成長を期待する他ないのでしょう。

退会防止については、死亡・健康・経済の問題は避けられませんが、会員間の考え方や感情的問題は、超我の奉仕の原点により集まった事を考えれば、会員の質の問題に突き当たります。
以前に頂いたRI 会員増強の指針に、大切なのは、思慮分別と明確な目的と旺盛な活力を持った団体への成長であり、単なる会員数の大小ではない。
又、ロータリーの強みの一つは包容性にある、と。

次に藤居ガバナーのテーマでありますが、RI 会長のテーマと表現は異なりますが、全く同じと考えます。超我の奉仕と言う原点に帰りなさいと。各自が絶えず奉仕に努力すれば、全て明るい方向に向かう事になると理解できます。

ガバナーは公式訪問の際、第1に各クラブの地域への奉仕の現場訪問を優先されました。特にガバナーのテーマの実現の進捗状況に力を入れられておられる事を理解致しました。今後とも、健康で宜しくご指導をお願い致します。





第5分区IM報告

国際ロータリー第2820地区 第5分区 ガバナー補佐 宮田  宏(結城)
※ガバナー月信2015年4月号掲載記事

春寒の3月1日、分区最大行事IMが結城市文化センターアクロスで、結城RCをホストとして開催されました。
超我の奉仕を共に喜ぶ友人たちとお会いし親睦を深め、情報交換し、明日からの奉仕へ生かす1日となりました。

ご来賓に地区Gov. 藤居彰一様、IM リーダー・PG 廣瀬昭雄様、PG 萩原亢雄様、PG 大木勲様をお迎え致しました。

RI 会長・地区Gov. のテーマを受け、今回のIM テーマを「魅力あるロータリー作り」とさせて頂きました。

日本古来の美徳「奉仕は隠れてするもの」には限界があります。奉仕をより大きく深くする為には、会員増強が第一となります。地域への深い愛より生ずる奉仕は自ずと輝き、地域に知れ渡り会員増強と言う目標に至るでしょう。

各クラブ10 分の発表の制限でしたが、聴覚と視覚を使い見事に熱意と実践が伝えられました。ロータリアンになれた幸せを改めて感動させて頂いたIM でございました。今後も次世代へと奉仕の嬉しさを伝えて行きましょう。

Ⅰ.下館RC「国際奉仕はロータリーの花」 国際奉仕委員長 日向野 陽
資源少なく、地理的にも恵まれないネパールでは、何世代にも及ぶ貧困の連鎖があります。将来彼等自身の手で経済的自立をし、発展していけるよう、我々は人間開発のお手伝いをしています。ネパール支援の鍵は教育です。教育は国を豊かにします。
ネパールでの奉仕10 年の歩み
① 2004 年1 月カスタマンダップRC とツインクラブ締結し毎年学用品とスポーツ用品支援
② 2008 年日本の21RC とカスタマンダップRC の協力でJana Udaya LSS 新校舎完成
③ 2009 年~ 2010 年、MG で2 小学校と病院に浄水装置・水飲み場設置
④ 2012 年~ 2013 年、MG で病院に無停電電源設置(ソーラー・インバータ・蓄電池)
⑤ 2011 年以降3 小学校と養護学校に学用品を贈呈〔支援品は現地調達〕
⑥ 2014 年~ 2015 年、2820 地区内協力18 クラブで「この指止まれ」で3 校~パソコン計8 台支援

Ⅱ.真壁RC「第15 回やまゆりCUP バスケットボール大会」社会奉仕委員長 白田唯雄
(平成27 年1 月10 日( 土) ~ 12 日( 日)
主催:真壁RC 後援桜川市教育委員会
目的はバスケットボールを通じ、青少年の健全育成をはかると共にバスケットボールの発展に寄与する事。
参加チーム 中学生 男子24 名 女子24 名
参加者数  約1000 名(RC 会員・監督・コーチ・選手・父兄等)

Ⅲ.下妻RC 「職業人に学ぶ」 職業奉仕委員長 渡辺欣一
市立下妻中学校において1 月28 日開催
1年生205 名参加 働く喜びや仕事の大変さを市内25種の職業人が講師となった。会は将来の職業選択に役立てたいとして下妻RC の協力で行っている学校行事の一つ。

Ⅳ.しもだて紫水RC「ペンシルプロジェクトin Philippine」 国際奉仕委員長 高野雅之
① 2009 年12 月にフィリピンマニラ地区ダウンタウンマ  ニラRC とケソン市内小学校に、鉛筆・ノート・クレヨン等の学用品を日本から持参し小学生1人1人に手  渡した。毎年夏冬の2 回実施。今回したクラブはマニラ101・パサイメトロサンライズ・りめりデイオスサークル・マヌエルロハスRC でした。
②デンタルミッション 於ビニアンラブナ フィリピン3810 地区フィリピンロータリアン・学校職員・子供達・国家警察官・歯科大学医局員と交流する。

Ⅴ.筑西きぬRC「地域に根ざした活力あるクラブに」  親睦委員長 野寺 孝
RI会長地区ガバナーは共に地域社会への貢献を唱えております。そして会員増強の重要性を強調しており、当クラブにとってそれは最大課題であります。その為  にも会員・家族・親族・友人等多くの地域の仲間との一体感を持った活動が大切です。
①薬物乱用防止事業  於市立関城中学校  講師 茨城ダルク代表 岩井喜代二
②国際交流事業「ハローワールド」  2月3日開催 於市立関城小学校   11月6日開催 於市立関城小学校

Ⅵ.岩瀬RC
  「ゴミを持ち帰ろう」立て看板設置による環境美化啓蒙活動  社会奉仕活動委員長 秋元 誠
櫻川市内大和地区15 ヵ所に設置と同時に清掃活動を実施。平成26年10月29日 市環境対策課にも協力依頼。

Ⅶ.結城RC 「サウンドフェスタでの国際交流」  国際奉仕委員長 稲葉安二郎
①第17 回サウンドフェスタ主催し国際交流広場で国際交流を。外国人約1700 名位市内在住。年1 回。(東日本震災支援チャリティー)
②健康の森活動。整備しイベントでは他のボランティアグループ市民と交流(イベントは年1 回)
③日本語教室のびる会支援
④タイ国メーサイ市と国際親善姉妹都市締結  ベルギー王国メッヘレン市と国際親善姉妹都市締結




第5分区内クラブの奉仕活動案内

ロータリーはクラブが全ての根幹として考えられています。
私達の地区には素晴らしい活動をしている仲間のクラブが沢山あります、活動の一端をご紹介しますのでご覧ください。

■■国際ロータリー第2820地区 第5分区■■
下 館:ネパールの子供たちに学用品を!ポリオ撲滅街頭募金

結 城:健康の森活動結城RC の奉仕活動結城RCの国際奉仕活動

真 壁:やまゆりカップバスケット大会

下 妻:職業人に学ぶ会

しもだて紫水:ペンシル・プロジェクト鮭稚魚放流事業

筑西きぬ:小学校で「ハローワールド」国際交流会事業

岩 瀬:「ゴミ持ち帰ろう」の立て看板設置小学校で「石材加工体験」の開催

国際ロータリー第2820地区内58クラブ全部⇒こちら





2014-15年度を振り返って


国際ロータリー第2820地区 第5分区 ガバナー補佐 宮田  宏(結城) 

昨年2月、当時の長谷川ガバナーより当分区補佐を命じられ「ロータリーにNO はない」の言葉に従いました。当分区内クラブはベテランクラブばかりで、むしろ訪問で教えられ、勉強させられた1年となりました。

RI 会長のテーマ「Light Up Rotary」は2000 年以上前の孔子の言葉【ただ黙って暗闇を呪うよりもローソクを点す方が良い、孔子はまさに初代ロータリアンである】と。【私が1本貴方が1本、120 万人が点せば世界は輝く】と。

藤居ガバナーのテーマ「深めよう 奉仕を通じて地域社会への貢献を」も、超我の奉仕の原点の実践からと。
忘れ得ぬお二方のテーマとなりました。

当分区会員数も当年度より回復しつつあります。
ガバナー公式訪問では真壁(9月9日)より始まり、下館(11月5日) で終了。ガバナーは、各クラブで会長幹事との事前協議より、奉仕の実践現場視察に重点を置かれていました。

IM は、ホスト結城RC のテーマ「魅力あるロータリークラブづくり」(3月1日) でした。
各クラブ10 分間の持ち時間でしたが未来の夢計画2年目で、地区補助金利用の活動報告を主に、熱意ある且つ要領の良い発表が行なわれました。会員皆、更に明日からの奉仕への思いとロータリアンである幸せを噛みしめられたと思います。
 ・下館RC「国際奉仕はロータリーの花」
  ネパールに主として教育関係支援10年間。 最近の大地震の際に率先して義援金を。当地区からも義援金を。
 ・下妻RC「職業人に学ぶ」 ガバナーは最も立派な職業奉仕方式であったと。
 ・分区第2回親善ゴルフ大会(桜川GC 47名参加)
 ・下館RC 50周年記念例会(5月23日)
 ・結城RC 50周年記念式典と懇談会(5月23日)タイからガバナー、エレクト、パツムワンRC会長他多数参加。
  福井RC・福井東RC・福井アジサイRCの多数参加と、福井アジサイRCとの友好クラブ調印式。市内各奉仕団体への感謝状と目録贈呈。
  懇親会終了後は親睦会。温もりある人柄の藤居ガバナーとのデュエットも楽しい思い出になりました。

皆様のご指導と数々のお力添えに深く感謝申し上げると共に、皆様のご健康と末永い超我の奉仕を楽しみましょう。